犬に最適な歯磨き粉とは?

· 2019年1月22日
犬の口腔衛生が悪くなると歯や歯茎が過敏になります。 ペットを飼う上で、健康に気を配り、ケアを行うことは非常に大切です。そして、その中でも口腔衛生を保ち歯のケアを欠かさないことで、深刻な歯の問題を予防することができるのです。

歯のケアを行うときは犬専用の歯磨き粉を使いましょう。

専用の歯磨き粉を使うことで、口臭を予防して息をフレッシュに保つだけでなく、歯の健康維持に役立ちます。

また歯磨きを行うことで、プラークの原因となる歯石の蓄積を予防する効果が期待できます。

成犬になると、歯周病にかかる犬が増えますが、これは歯のケアを怠ることが原因です。そのため、若い頃から歯のケアを欠かさず行うことが大切です。

こちらもご参考に:お家で簡単にできる犬用歯磨き粉の作り方

犬に歯磨き粉を使う理由

歯磨き粉は歯のブラッシングによって起こる摩擦との相乗効果により、犬の歯に蓄積される食べ物を取り除く効果があります。

 

食べかすなどが歯に残ると、最終的には白っぽい物質であるプラークになり、歯の健康に問題が生じます。

歯磨きをする犬

口腔内の細菌がプラークになって固まると歯石ができます。そして歯石ができてしまうと、場合によっては、歯垢を除去するために専門家の治療やケアが必要になります。

つまり、プラークの形成はより深刻な健康上の問題である、歯肉炎や歯茎の腫れなどを引き起こし、さらに未治療のまま放置すると、犬が歯を失う原因になります。

歯や歯茎が敏感になるのは、歯の衛生状態が悪化している兆候の一つです。

このような症状が現れたら、獣医師の診察を受けて、必要に応じて専門家による治療を開始することをお勧めします。

犬の歯をきれいにする方法

まだペットの歯のお手入れをしていない人は、徐々に歯のお手入れを毎日のケアに取り入れてください。

子犬の時から歯を磨く習慣がない成犬の場合、突然歯ブラシを口の中に入れるだけで、嫌がるなどの反応を示すことがあるかもしれませんが、できる限り慣れるまで続けてください。

どうしても犬が嫌がる場合は、専門家の助けを借りましょう。

犬専用 歯磨き粉

歯磨きや歯の衛生状態を保つためのケアを習慣にするためのアドバイスをご紹介します。

  • 犬用の歯ブラシを使うこと:人間の歯ブラシを使わないでください!人差し指を使って歯磨き粉を塗ることを推奨する専門家もいます。人差し指で歯磨き粉をのせた後、犬用の歯ブラシで磨きましょう。
  • 歯ブラシのヘッド部分を覆う:ブラシのヘッド部分を覆うことで、ブラシの感覚を最小限に抑えながら、口の中を清潔に保つことができます。
  • 犬用の歯磨き粉を使用する:犬は人間とは違い、歯磨き粉を吐き出すことはできず、歯磨き粉を飲み込むでしょう。犬用の歯磨き粉は、犬の健康にダメージを与えることなく、飲み込めるように作られているだけでなく、口内や歯のバクテリアの繁殖を抑えるのに役立つ特定の酵素が含まれています。
  • 衛生習慣を身に付ける:人間と同じように、犬は毎日自分の歯を磨くことに慣れる必要があります。毎日できないのであれば、少なくとも週に1~2回行うべきです。
  • 獣医師による定期検診:獣医師の定期検診を受けるときは、必ず歯の健康状態も確認してもらいましょう。定期検診は、歯科治療や歯の健康状態について質問し、疑問を明確にする絶好の機会です。また飼い主の歯磨き方法が正しいかどうかを獣医が確認し、時にはその方法を修正したり、犬に合う歯磨き粉を提案してもらうこともできます。

こちらもご参照を:犬のデンタルケアに関する7つのアドバイス

その他の方法

店頭で販売されている犬専用の歯磨き粉に加えて、自家製の歯磨き粉を作ることができます。

歯磨き粉のベースは重炭酸ナトリウムと水をメインにして、ココナッツや鶏肉の出汁なども良いでしょう。

また成犬用の歯の健康維持に役立つ、「噛むおもちゃ」や「おやつ」が販売されています。

犬の口臭を改善しながら、歯垢や食べカスを除去する効果がある製品ですが、歯磨きに代わるものではないため、必ず歯磨き粉を使って歯を磨くことが不可欠です。