犬パルボウイルス感染症

· 2018年11月20日
このウイルスは、ほぼ世界中で広がっており、世界中の獣医師や専門家の懸念の一つとなっています。

犬パルボウイルス感染症とは、ここ数十年間で最も一般的となっている犬の疾患の一つです。

犬から人間にうつることはありませんが、犬の間では高い感染性があり、急死することもある疾患です。

そして、パルボウイルスが蔓延する原因の一つとして、不衛生な環境で育てたられた犬や、放棄された犬の存在が挙げられます。

劣悪な環境で繁殖させられた犬は、生まれてくる子犬も虚弱であり、病気の感染が拡大するリスクも高まります。

犬を家に迎え入れる場合、推奨されている予防接種はすべて必ず摂取するようにしてください。予防接種は、私たちの「小さな友人」を守る最も効果的な方法です。

犬パルボウイルス感染症とは?

犬パルボウイルスは急性ウイルス感染症であり、胃腸管、血液、赤血球などに影響し、稀なケースでは、主に子犬ですが、筋肉細胞に影響を与えることがあります。

犬パルボウイルスとは

一般的には数日間の潜伏期間の後、激しい下痢や嘔吐、脱水症状、食欲不振や発熱、そして脱水症状などの深刻な症状が現れます。

このウイルスは、1970年代に正式に確認された疾患で、比較的新しい病気と考えられています。

非常に抵抗性があり、敵対的な環境でも生き残ることができ、長期間の休眠状態から、再び活性化することができるウイルスです。

家庭で一般的に使用されている消毒剤や塩素系の製品だけでは、このウイルスを除去する効果はないと考えられています。

つまり、このパルボウイルスは、食品、食品を保管している場所、毛布、寝具、そして犬小屋など家ならゆる場所に感染する可能性があります。

犬をどこかの施設などに預ける時は、その施設が衛生基準に従い、清潔に保たれている施設かどうかを確認することが大切です。

こちらもご参考に:愛犬が消化不良を起こしてしまった時の対処法

子犬の発症率

このウイルスは、ほぼ世界中で広がっており、世界中の獣医師や専門家の懸念の一つとなっています。

年齢、犬種、サイズに関わらず、すべての犬が感染するリスクがありますが、子犬は成犬よりも比較的弱く、免疫系が完全に出来上がっていないため、子犬の方が感染しやすいだけでなく、体内でウイルスが増殖しやすいと言われています。

ご存知ですか?子犬の食事についてのコツやガイドライン

また他の犬種よりも感染するリスクの高い犬種は以下の通りです。

犬パルボウイルスに感染してから36時間以内に治療を開始しないと、感染から数日以内に急死する可能性があります。

そのため、いつもと違う行動を犬がとっていたり、何か変化が見られたらすぐに獣医の診察を受けましょう。

犬パルボウイルスの症状とは?

体内で増殖するこのウイルスは、健康状態を一気に悪化させる傾向があります。

感染した犬は、急速に以下の兆候を示す傾向があります:

症状が現れてから48時間と72時間に急死することがあるため、飼い犬にこのような症状が現れたらすぐに獣医師の診察を受ける必要があります。

犬パルボウイルスの感染経路

このウイルスは、感染した犬の便や嘔吐物を介して直接感染します。

特に自分の便や他の犬の便を食べる習性のある犬は注意が必要です。

パルボウイルスは、前述したように、自然な状態で長期間(半年から1年)休眠状態で過ごした後、再び活性化することがあります。

つまり、食器などが感染した犬に触れた場合、それらを消毒せずに他の犬が触った場合や、しばらくしてから舐めた場合なども、感染するリスクがあります。

犬パルボウイルスの治療法はありますか?

残念ながら現時点では、犬パルボウイルスを感知する治療法や特定の薬はないため、治療には、症状を緩和させたり免疫系の機能を高める治療が行われます。

この疾患にとって、予防と早期発見が非常に大切です。何か疑わしい症状があれば、必ず獣医師に相談してください。

獣医師による検診 犬パルボウイルス感染症

犬パルボウイルスの予防法

責任のある飼い主として、犬のワクチンスケジュールを守ることが大切です。

またバランスのとれた食事と、定期的な運動は犬の健康維持と健全な発達にとって不可欠であり、これを維持することが様々な感染症から守る方法の一つとなります。