犬のお肌を保湿してあげる方法

· 2018年11月8日
一見そうは見えないかもしれませんが、肌に刺激を与え、体内の脂肪の生産を促進するので愛犬を撫でてあげることも大切です。

あなたのペットが皮膚病を患っていないか確認して、お肌が乾燥している時には保湿をしてあげましょう。人工のものから天然成分が含まれているものまで、たくさんのオプションがありますが、できれば、天然成分の無添加のものを使う方がいいでしょう。このトピックについては多くの専門家が記事を出しています。効果的な治療を始める前に、なぜペットが乾燥肌なのか原因を見つけ出してください。

愛犬のお肌を潤す食生活

愛犬の乾燥肌を治療するための良い方法は、犬の食生活を変えて、皮膚の天然の脂肪層の生成を改善させることです。効果のある食材は、魚、少量の油、そして卵などが挙げられます。この食べ物は、愛犬の真皮を自然に回復させ、つるつるにしてくれるのです。

犬の水分補給

一見そうは見えないかもしれませんが、肌に刺激を与え、体内の脂肪の生産を促進するので愛犬を撫でてあげることも大切です。

ペットが寒さで震えている場合は、寒さへの対策が必要です。不快なだけでなく、寒さは乾燥肌の主な原因でもあるので、犬用のコートを着させてあげるのもいいでしょう。

愛犬のお肌を保湿するお風呂や衛生用品

お風呂は犬にとって大切です。けれど、お風呂に入れすぎると水が真皮の保護膜を破壊してしまうので乾燥肌の原因になります。愛犬のお肌にダメージを与えないよう、お風呂に入れる適切なタイミングについて飼い主が知っておきましょう。

シャンプーに関しては、犬のためだけに作られたものを使ってください。人間用のシャンプーは絶対に使ってはいけません。愛犬が乾燥肌の場合、スキンケアにとても良いオーツ麦が含まれているシャンプーも売られているのでチェックしてみてください。

人間にはたくさんの役に立つヘア用品が売られていますよね。そして、犬のためにも、毛に潤いを与えてツヤツヤにしてくれる商品がお店で売られています。

コンディショナーに関しては、毛につけてから15~20分程時間を置きましょう。その後、余ったコンディショナーを洗い流すためにたくさんの水を使いましょう。愛犬に毛が多い場合はブラッシングしてあげることも大切です。こまめにやれば、ほこりや汚れ、フケが溜まるのを防いでくれます。

オリーブオイルを使って愛犬のお肌を保湿しよう

オリーブオイルにもたくさんの利点があります。保湿成分が入った自然のものであるため、犬への使用は問題ありません。しかし、ベッドや床、壁に油染みを残す可能性があるので少しずつ使う必要があります。

水をたくさん飲んで日向ぼっこをしよう

たくさん水を飲むと、ペットの内部組織が潤い、お肌にも良い影響を与えます。

ペットの健康のために太陽の光を浴びることは良いことだということは知られていますが、浴びすぎるとやけどや刺激を与えてしまうことがあります。ペットに毛がない場合、夏場、特に山や海へ行くときは、は日焼けに気をつけましょう。彼らの肌は私たちのと大して変わりません。

紫外線を浴びすぎると、鼻や上半身に前ガン病変が発達してしまうことがあります。室内で多くの時間を過ごしている場合、もっとなりやすいです。

この「日光皮膚炎」に最も弱い犬種は: ボクサー、ホワイトブルテリア、アメリカン・スタッフォードシャー・テリア、ビーグル、ダルメシアン、そしてジャーマン・ショートヘアー・ポインターです。

日焼け

犬と海 保湿

日焼けやさまざまな形で現れます。 皮がむけたり、かさぶたになったり、皮膚がただれたり、異常に腫れたり、潰瘍になったりと、様々な症状が現れるでしょう。一番影響を受けるところはお腹と、腹部の側面、そして腿の内側です。また、脇や尻尾の先、足の末端などにも影響が現れることがあります。色素がない毛のない部分は赤くただれてしまいます。

最も深刻なケースでは、長時間太陽を浴びていると脱毛症、かさぶた、ただれ、潰瘍、傷跡の原因になります。犬も人間も、午前9時~午後4時の間が一番リスクが高いです。しっかり日焼け止めを塗ってあげましょう。