犬の抜け毛について:原因と対策

· 2019年2月12日
新しい餌などの単純なことが原因でも、さらに深刻な原因であっても、犬の抜け毛は多くの場合、獣医師の指示の元に正しい対策をとることで解消される問題です。

犬の毛が生え変わる季節に、1日に掃除機を2回、3回、あるいは4回もかけたという人は決して珍しくありません。犬の抜け毛はとても一般的にあることです。しかし、深刻な問題である場合に迅速に行動するためには、その抜け毛の原因を特定しておくことが重要です。

抜け毛が「ただの抜け毛」でなくなるのは、過剰に毛が抜け落ち、皮膚が露出されてしまうときです。その理由は、皮膚の不調からストレスなどあらゆることが考えられます。本記事では、動物病院に愛犬を連れて行く前に可能性のある診断情報、抜け毛の理由、治療法、対策をお伝えします。

犬の抜け毛で最も一般的な理由とその治療法

人と同様、犬も抜け毛にはあらゆる原因が背景にあることを意味します。抜け毛を引き起こすのは疥癬(かいせん)や皮膚炎だけではありません。栄養不足も犬の毛を弱くし、常に抜け落ちる状態にしてしまいます。抜け毛に対しての治療法には、薬から太陽の光を浴びながら散歩をするまで幅広くあります。

 

1.栄養不足

原因:餌を与えるときは、愛犬の年齢と大きさに必要とされる栄養素が含まれているものを選ぶようにしましょう。骨やご飯など、補足的に必要になる食材もあるかもしれません。

骨を噛む犬

治療法:与える餌を変えるだけなので、非常にシンプルです。すぐに変化に気が付くでしょう。

合わせて読みたい:抜け毛だらけ:換毛期を上手に乗り切るヒント

 

2.アレルギー

原因:犬も皮膚に現れるアレルギーがある場合があります。ダニ、カビ、花粉、洗浄剤、特定の科学物質でアレルギーが引き起こされる可能性があります。

犬のアレルギー 犬の抜け毛 原因

アレルギーの主な症状はかゆみです。すぐに対処してあげないと愛犬にとってはとても辛い経験になってしまいます。毛が抜け落ちている箇所がある、あるいは赤く腫れているときは恐らくアレルギー反応と考えていいでしょう。

治療法:この場合、適切な治療法が何かと言えるのは獣医師だけです。しかし、一般的には症状が落ち着くまでは何回か注射が必要になります。

3.タコと床ずれ

原因:血流の低下から皮膚が硬くなり、タコのようになった箇所を潰瘍、または床ずれと言います。加齢により、シニア犬に多く、肘などよく擦れる場所に起きます。

治療法:出血や傷が認められた場合は、傷口が感染しないように酸素水をかけることもできます。

合わせて読みたい:愛犬の毛が抜けてきた時はどうすればいいの?

 

複雑な病気に関連する犬の抜け毛の原因と治療法

1.クッシング症候群

原因:クッシング症候群は脳の下垂体の小さな腫瘍によって引き起こされます。体がコルチゾールを過剰に分泌することで起きます。その結果、副腎皮質機能亢進症という状況になります。抜け毛と同様、この病気は皮膚の薄化、腹部の炎症、喘鳴(ぜいめい)、衰弱、倦怠感を引き起こします。

治療法:この腫瘍の摘出手術は非常に複雑であるため、通常は薬での治療になります。

2.寄生虫感染症

原因:ノミ、ダニ、および疥癬(かいせん)のような皮下寄生虫は皮膚に大きなダメージを与え、抜け毛の原因になることがあります。これらの寄生虫を寄せ付けないためには、栄養バランスのとれた餌を与え、特別なシャンプーで洗ってあげることです。

治療法:ノミやダニは自宅でも簡単に治療できます。ノミを駆除するには犬の首に使えるパウダーや他の製品があります。疥癬(かいせん)がある場合でもパウダーや同様の製品を使うことができますが、疥癬の種類によっては特別な薬が必要になることもあります。

犬の抜け毛の他の原因と治療法

なかには、脱毛症の遺伝的要素を持つ犬もいます。チワワやドーベルマンなどの犬種は、胴、背中、首、耳などの毛が抜ける傾向があります。

薬での治療が効かない場合、抜け毛の量を減らす家庭療法もあります。

グレープシードエキスには、お肌の抗酸化作用が期待できる量のポリフェノールが含まれています。犬にも与えられるカプセルでも販売されています。定期的に犬の毛をブラッシングすることも、過剰な抜け毛を防ぐ方法です。

最後に、犬の抜け毛の理由には病気、それほど深刻ではないもの、日常のケアに関連する問題が挙げられます。ほとんどの場合、b動物病院に連れて行くことで解決できるはずです。