犬の肝炎:原因、症状、治療法について

· 2018年12月24日
犬が幼い頃に獣医に連れて行くことは大切なことですし、同様に成犬を家に迎え入れるときも、できる限り早く獣医師の診察を受けて必要な予防接種を受けてください。

すべての生き物にとって大切な器官である肝臓ですが、その中でも犬の肝臓の機能は人間の肝臓と非常に似ています。

まず、犬の肝臓の主な機能を見ていきましょう。

  • 脂肪、炭水化物、タンパク質の代謝
  • ビタミンやミネラルの貯蔵
  • 消化機能にとって非常に重要な器官
  • 体内の老廃物や他の有害物質の無害化
  • 血液を凝固させる物質の生成

これらの機能は最も重要な機能ですが、いくつかの研究によれば、犬の肝臓は1000以上の異なる機能を果たす重要な器官であることがわかっています。

犬の肝炎とは?

犬の肝炎は、肝臓での炎症であり、肝臓の細胞が様々なダメージを受けます。

元気のない犬

肝炎の原因

犬が肝炎を発症する原因は様々ですが、そのいくつかをご紹介します。

  • 肝炎を発症している犬のフン、尿、または唾液の摂取
  • 食生活の乱れ
  • 食品や投薬による中毒症状

犬の肝炎は、その原因に応じて次のように分類することができます。

こちらもご参考に:愛犬の食事に使えるコツ: 食前と食後にやる事

肝炎の種類

  • 一般的な肝炎:肝臓の炎症は、肝臓を損傷する薬物や有毒物質の摂取によって起こります。残念なことに、病状がかなり進行して初めて、その症状が現れます。
  • 自己免疫性肝炎:このタイプは、イヌの免疫系の「エラー」によって引き起こされます。人間の自己免疫疾患のように、免疫系が肝臓細胞を有害物質と混同してそれらを攻撃することで起こります。
  • 犬伝染性肝炎:イヌおよびキツネが感染する肝炎で、他の感染した動物の唾液または糞便からウイルスを取り込みます。イヌおよびキツネが感染するこの肝炎は、症状によっては致命的になる可能性のある、抵抗力と伝染性の高いウイルスです。

肝炎の症状

犬の肝炎の症状は、他の病気と混同することが多いため、犬の健康状態をしっかりと把握し、何か気になることや疑問があれば、かかりつけの獣医にすぐ相談することをお勧めします

症状は次の通りです:

  • 食欲減少
  • 嘔吐または下痢
  • 継続的な喉の渇き
  • 腹部の痛みや炎症
  • 腺の腫れやむくみ
  • 不規則な動き(調整力の喪失)。
  • 黄疸(目や粘膜が黄色くなるなど、この症状は非常に明白です。)

これらの症状はすべて同時に、または同じ程度に現れるわけではありません。

ご存知ですか?黄色い嘔吐:犬が吐いてしまう理由とその症状

肝炎の治療

他の病気と同じように、犬の肝炎の治療は、その原因によっても異なりますが、予防接種や定期健診などで予防や早期発見に勤めることが最善の方法です。

一般的な肝炎の治療

痛みや不快感を避けるために最も良いとされている治療法をご紹介します。これは最も簡単な方法としても知られています。

まず獣医師が、肝炎を再発する要因が存在するかどうかを診察により調べます。

治療中は、医師または専門家による厳しい食事制限を行う必要があります。

病院で横になる犬 犬の肝炎

自己免疫性肝炎の治療

治療が必要な病気である自己免疫性肝炎を発症すると、免疫システム機能をコントロールする薬を処方されることが多くあります。この薬は免疫調整剤と呼ばれる薬で肝臓へのダメージを予防する効果があります。

ウイルス性肝炎の治療

ウイルス性肝炎を発症すると、二次感染を緩和するために抗炎症薬と抗生物質を投与されます。

ウイルスを完全に排除することはできないため、発症する可能性のあるすべての症状に対処する必要があります。

特に嘔吐や下痢を緩和するための薬を処方されることがあります。

これらの投薬に加えて、肝臓感染のための厳しい低タンパク質の食事を実践し、症状が現れている間は十分な休息を取る必要があります。

予防方法

健康的な生活習慣が、肝炎などの病気の予防には不可欠です。

以下のような生活習慣を実践してください。

  • バランスのとれた健康的な食事
  • 毎日の運動
  • 新鮮な空気を吸う時間
  • 飼い主からの愛情と注意

最後に、ワクチン接種がウイルス性肝炎の予防に最も効果的であることを覚えてください。

必要な予防接種を受けるためにも、子犬の頃から定期的に獣医師の健康診断を受けることをおすすめします。

犬が幼い頃に獣医に連れて行くことは大切なことですし、同様に成犬を家に迎え入れるときも、できる限り早く獣医師の診察を受けて必要な予防接種を受けてください。