犬の可移植性性器腫瘍とは?

· 2019年3月3日
可移植性性器腫瘍と呼ばれるこの病気は、感染した犬の匂いをかいだり、舐めたり、性行為することで伝染します。

犬も人と同様に様々な病気に感染します。その中でも可移植性性器腫瘍は、非常に独特な形の癌として知られています。可移植性性器腫瘍( CTVT)は犬にしか発生しない病気で、他の種類の腫瘍とは大きく異なり感染します。

感染性腫瘍とは?

性腫瘍は最も知られている癌の形態であり、基本的に犬だけがかかる病気です。しかし、シリアンハムスター、狐、コヨーテなど他の生き物にもこれらの腫瘍が発生する可能性があると言われています。

可移植性性器腫瘍と呼ばれるこの病気は、既に感染している犬の匂いをかいだり、舐めたり、性行為をすることによって移ります。

感染し、腫瘍細胞が動物の体内に入り込むと非常に強力になることがあり、性器の場合、包皮からの出血性・化膿性の分泌物の排出や、尿道の閉塞、疼痛、性欲の減退が確認されます。

寝そべるラブラドール

こちらもご参考に:
知っておきたい!猫がよくかかる7つの病気

病原体

この腫瘍はカリフラワー状の外見をとることが多いです。主として交尾により伝染され外性器に生じますが、まれに雄犬が外陰部をなめることにより鼻腔や口腔の粘膜に感染することもあります。

非常に興味深いのは、他の動物に影響与える大部分の腫瘍と比較した時、全くタイプが異なりユニークであると言うことです。腫瘍は、さらに形を変えて、変化し成長し続けることができると言われています。

先ほど述べたように、他の犬のがん細胞と接触することでこの病気にかかります。感染するのにウィルスやその他の病原体は必要ありません。ただ単に皮膚に接触するだけで癌性細胞は犬から犬へと広がり感染した細胞はより強力に長く生き続けます。

最初に発症したのはいつ?

いくつかの研究では、この種の使用は保菌者の犬とは異なるDNAを持っていると結論づけました。一般的に多くの腫瘍は、細胞が制御不能に変異すると形成されます。このため腫瘍は、患者と同じDNAを持っています。しかし、CTVTの腫瘍細胞は犬の正常細胞とくらべて染色体の本数が少なく、形状も大きく異なっているます。

研究者は、このタイプの腫瘍は約11,000選年前に発症したと推定しています。今でも病原体が存在しているのは、それが進化し適応し続けてきたからです。

治療は比較的しやすいので、転移する可能性は低いと言われています。他の種類と比較してみても、CTVTの攻撃力は低いです。

毛布にくるまる犬 犬 可移植性性器腫瘍 CTVT

ご存知でしたか?:
犬と猫に迫る7つの危険な病気

CTVTの予防

飼い主は愛犬が感染しないように予防することができます。最も確実なのは犬を不妊手術することです。理想的な年齢は大型犬であれば生後8ヶ月から12ヶ月の間に行ってください。

性交中に感染する可能性が高いため不妊手術を行うのは効果が高いです。手術によって生殖器官を取り除く事で感染の可能性を劇的に減らします。

その他に、常に管理された環境で犬を飼い、観察してください。何か大きな変化に気づいた場合は、獣医に連れて行ってください。内部腫瘍の症状は自分で診断するのは難しいので、獣医で見てもらうと良いでしょう。

CTVTに感染すると、紅斑が現れることがあります。健康を維持するためにも、飼い主と犬両方にとって良い衛生状態を保つことが非常に重要です。

結論

犬の可移植性性器腫瘍は古くから存在しています。性交癌の一種で通常の性行為中に感染します。ケースとしては少ないですが、患部の匂いを嗅いだり舐めたりするだけでも感染するので注意してください。一番良い方法は、犬を不妊手術させ腫瘍を発症するのを防いだり、管理された場所で犬を飼い、変化にすぐ気づけるようにしっかり観察することです。

  • Park, M. S., Kim, Y., Kang, M. S., Oh, S. Y., Cho, D. Y., Shin, N. S., & Kim, D. Y. (2006). Disseminated transmissible venereal tumor in a dog. Journal of Veterinary Diagnostic Investigation. https://doi.org/10.1177/104063870601800123
  • Murchison, E. P. (2008). Clonally transmissible cancers in dogs and Tasmanian devils. Oncogene. https://doi.org/10.1038/onc.2009.350
  • Belov, K. (2012). Contagious cancer: Lessons from the devil and the dog. BioEssays. https://doi.org/10.1002/bies.201100161