犬の吠え方の種類とその意味

· 2018年11月21日
犬の鳴き声には様々な種類があり、それぞれの鳴き声が、犬の気分や感情、そして犬が必要としていることを表現しています。 そのため、犬が何を必要としているのかをしっかりと理解することが大切です。

犬の吠え方や鳴き声には様々な種類があり、それぞれの吠え方が、犬の気分や感情、そして犬が必要としていることを表現しています。

そのため、犬が何を必要としているのかをしっかりと理解することが大切です。吠えること、そしてその鳴き声は犬の本能の中で最も基本的なものなのです。

狼、コヨーテ、そしてキツネなどの野生動物は、吠えるというよりも、長距離のコミュニケーション手段として遠吠えをします。

他の動物の口頭表現とは

吠えるのは犬だけの性質ではなく、カンガルーなどの有袋目の哺乳動物も、犬が吠えるのと同じ機能を果たすような鳴き声を発します。

吠えることは犬の唯一の表現方法であり、とても特別なもので、犬と人間の間のコミュニケーションの手段として使われています。

犬は吠えたり鳴いたりするときに、自分の気持ちを表します。

吠えている犬

自分の気持ちや気分を表現するために吠える犬もいれば、自分や飼い主に危険が迫っていることを警告するために吠える犬もいます。

また喉が渇いている時やトイレに行きたい時などの、生活に必要な欲求を伝えるときに吠える犬もいます。

しかし、過剰に吠えるときには、何か問題が起こっている兆候があると注意を払うことが大切です。

あまりによく吠える犬は、何か痛みや不快感を感じていたり、病気であることを伝えようとしている可能性があります。

過度に吠える、攻撃的になりすぎるなどの場合は「また吠えてる」などと放置せず、必ず獣医師に相談してください。

早期発見が早期治療につながり、犬が生存・そして回復する機会を増やします。

こちらもお楽しみください:最も吠えない犬種とは?

遠くに向かって吠える犬 吠え方の種類

吠える声の種類

犬が吠えるのには、外的または内的な要因があります。

内的要因は、犬種や血統、そして犬それぞれの本能的なものが原因となっており、外的要因は、その名の通り、自分の周りのものが原因で吠えます。

その原因を詳しくご紹介します:

  1. ストレスストレスを発散させるため、そして溜まった不安感やエネルギーを発散する吠える犬がいます。また飼い主や自分が置かれている状況で気になることがある場合も吠えることがあります。
  2. 熱狂・興奮:刺激的で、とても興奮する楽しい状況に置かれたときに吠える犬が多くいます。例えば、ご飯の時間や散歩の時間だと飼い主から知らされたときに嬉しくなって吠えるなどです。
  3. 退屈:退屈な時や飼い主の注意を引きたくて吠える犬がいます。
  4. 欲求不満:何かに動揺したり、自分の欲求が飼い主に受け入れられなかったときに吠える犬がいます。
  5. 運動不足:座りっぱなしや外に出ずにずっと室内にいる犬は、運動不足で、エネルギーを発散する場がありません。そのため、エネルギーを発散させて飼い主の注意を引くためにひたすら吠える犬がいます。
  6. 警告:犬は人間よりも危険を察知する能力に優れているため、何か恐怖や危険が迫っているときに吠える犬がいます。
  7. 訓練不足:犬が吠えるよくある原因の一つです。問題行動がある犬をしっかりとしつけなかった場合に、吠え続けることがあります。
  8. 健康問題:犬の加齢により、視力や聴力に悪影響を及ぼす病気や健康問題を発症すると、一時的な不快感を感じて吠えることがあります。
  9. 独占欲:飼い主に対する独占欲から、誰かが飼い主に近づこうとするときに吠える犬がいます。これは訓練されていない犬やしつけが十分でない犬に起こりがちです。

こちらもご参考に:飼い犬の年齢に合わせたしつけ

ある特定の吠え方から犬をより理解することができます。

犬が感じていることや、犬の周りの状況などを理解して犬とどうコミュニケーションを図るかが重要な課題となり、犬が私たちに何を伝えようとしているのかを考えることも欠かせません。

犬の吠え方に注意を払うことで、犬が求めていることや犬が伝えようとしていること、そして犬の気分を理解し、犬との生活がより良いものになります。