犬の「第3のまぶた」って何?

· 2018年11月29日
犬の第3のまぶたである瞬膜は、犬の健康、そして目を保護する上で重要な働きをします。

動物の中には、人間が持っていない体の部分を持っていることもあるので、動物の健康維持に欠かせない部位であるにも関わらず、しばしばその存在を無視されることがあります。

犬の持つ瞬膜と呼ばれる3番目のまぶたもその一つで、犬の健康に重要な役割を果たしています。

犬を適切に世話をしている飼い主でも、この部分を忘れがちなケースが多く、健康上の問題が生じることがあります。

この瞬膜と呼ばれる第3のまぶたは、犬が小さな傷や怪我をした時に現れる、眼球を保護する透明または半透明の膜で、犬の自然な防衛機能が正常に機能している兆候です。

ご存知ですか?:愛犬の目やにを上手にとる方法

第3のまぶたとは?

第3のまぶたと呼ばれる瞬膜は、目が潜在的な危険を察知した時に現れる結合組織の膜で、犬の自然な反射と言えます。

損傷または衝撃の可能性がある瞬間、瞬膜がマイクロ秒内に現れて目を覆い、危険がなくなれば元に戻ります。

手に顎を乗せる犬

犬の目に瞬膜が現れていても過剰に心配する必要はありませんが、頻繁に起こるときや元に戻らない時は、獣医師による検査を行い、膜の状態を確認することが大切です。

こちらもご参考に:待って!絶対にワンちゃんを人間のように扱わないで!

第3のまぶたの利点

主な働きは目や角膜の保護で、感染症などを予防する効果も期待でき、異物や目の老廃物を除去する、いわゆるワイパーのような働きもあります。

瞬膜は常に出ているわけではありませんが、目を開けているときに目頭から常に瞬膜が常に出ている場合や、瞬膜が現れてから5~6時間が経過しても正常な状態に戻らない時は、犬の体調不良を疑いましょう。

チェリーアイ

瞬膜に関連する病気で一般的なものがチェリーアイです。

チェリーアイとは瞬膜の裏にある涙を分泌する瞬膜腺が、まぶたから瞬膜の外へ飛び出す病気で、遺伝性や組織の弱さ、または乾燥が原因だと考えられています。

先天的にチェリーアイを起こしやすい犬種は、ブリティッシュ・ブルドッグ、ボクサー、ボストンテリア、ペギニーズ、パグ、フレンチブルドッグ、そしてチワワなどです。

チェリーアイの中には外科的処置を必要とするケースもあります。心配な症状が現れたら獣医師の診察を受けましょう。

幸せそうなハスキー 第3のまぶた

症状が悪化した場合

瞬膜腺が飛び出したり、再発を繰り返す場合は外科手術で元の位置に戻し、縫う方法があります。

瞬膜が飛び出しているからといって、犬が痛みを感じていることにはつながりませんが、この状態が続くと、ドライアイや結膜炎を引き起こす原因となるため、治療や外科的処置が必要です。

瞬膜を取り除くと目が永続的に乾燥してしまうため、おすすめしません。

犬の第3のまぶたである瞬膜は、犬の健康、そして目を保護する上で重要な働きをします。

少しでも疑わしい症状が見られたら、すぐに獣医師に相談してください。