犬のベッドを置くのに最適な6つの場所

· 2018年12月3日
犬のベッドに関して考えるとき、ベッドを置く場所だけでなく、その種類も重要になります。 多くの種類の犬用ベッドが販売されているので、賢くベッドを選んであげましょう。

犬のベッドは、犬が安心して寝られる場所、つまり家族を近くに感じる、静かで暖かい場所に置くべきです。

ペットの寝る場所、特に犬のベッドを置く場所を決めるときには、気をつける点がいくつかあります。

本記事では、犬のベットを置く場所を選ぶ時に役立つアドバイスを、いくつかご紹介します。

1.静かな環境

外からの雑音、例えば車の音などがしない、静かな場所に置くことをお勧めします。

玄関の近くや廊下、または洗濯機の近く、または夜更かしの家族の部屋の近くに置くと、犬が警戒して安眠できません。

犬がリラックスするためには、静かで穏やかな場所が必要です。

また、家電の音を怖がる犬もいるため注意が必要です。

こ存知ですか?:ペットと一緒に寝ることの良い点と悪い点

2.家族の近く

犬は人間にとって大切な家族の一員であり、犬もまた家族の近くにいるのが大好きです。

寝るときだけでなく日中も、家族が団欒を過ごす部屋に犬がくつろぐクッションやベッドなど、犬の居場所を決めてあげることをお勧めします。

台所でご飯を食べるときは、台所や目の届く場所に、犬が横になる場所があると良いでしょう。

またリビングルームで過ごす時間の多いご家庭では、犬はリビングルームで過ごすのを好むでしょう。

大切なのは、犬が家族の近くで快適さを感じることです。

またご自宅で仕事をする人は、可能ならば仕事場の近くに犬の日中用のベッドを置くと、犬が安心する効果があります。

夜間は、犬を家族と同じベッドや布団で寝かせる必要はありませんが、家族のベッドや布団の近くに、犬のベットを置くことで、犬が安心します。

飼い主の近くが好きな犬

こうすることで、犬の毛が寝具についてしまわないか心配せず、犬が安心して寝られる場所を提供することができます。

こちらもご覧ください:犬の睡眠の重要性

3.暖かい場所

私たち人間は眠るとき、布団や毛布、そして枕を使います。これは暖かく安心できる場所で寝るのが好きだからです。

また犬も同じであり、いくら毛皮があるからといって、寒くて風が強く当たる場所は犬にとって快適な場所ではありません。

できる限り暖かい場所にベッドを置きましょう。

窓、引き戸、そしてドアの近くや玄関や庭へのドアの近くに犬のベッドを置くのはお勧めできません。

住宅事情から、犬にぴったりの場所がない場合は、夜間は洗面所や浴室の脱衣所などに犬のベッドを置く方法があります。

比較的暖かく、夜間はさほど騒音がないため犬も安心して寝られるでしょう。

4.犬が自分で選ぶ場所

私たち人間に好きな場所や好きな椅子があるように、犬にもお気に入りの場所があります。

最初は犬の行動を観察し、犬がどこで寝るのが一番好きか、また日中どこで過ごすのが好きなどを調べてください。

お気に入りのクッションに座る犬 犬のベッド

5.近く、そして近すぎない場所

犬の日中のベッドは、私たちの目の届く場所が最適な場所ですが、家族に近すぎない場所がお勧めです。

例えばリビングルームの真ん中は、いくら家族を近くに感じられるといっても、犬も落ち着くことができません。

家族のぬくもりや存在を感じながら犬が静かに過ごすことができる場所にベッドを置けば、犬が安心して横になることができます。

6.室内ベットと屋外ベット

家の中では、飼い主がベッドを移動させればいいのですが、屋外用のベッドは、可能ならば、室内用ベッドとは別のものを用意してください。

屋外ベットは太陽や雨などの環境要因に耐性のある素材で作られたものが最適で、一方の室内ベッドは柔らかくパッドなどの入った、快適に寝られるものがお勧めです。

犬のベッドに関するその他のアドバイス

犬のベッドに関して考えるとき、ベッドを置く場所だけでなく、その種類も重要になります。

多くの種類の犬用ベッドが販売されているので、賢くベッドを選んであげましょう。

子犬で、おもちゃなどを噛みたがるタイプの場合は、柔らかいベッドは理想的ではないかもしれません。この場合はボックスタイプを選び、毛布を敷く方法があります。

一方高齢の犬で、噛む心配がない場合は、柔らかく厚いバッドの入ったベッドが、犬の骨や関節に最適です。

ベッドの種類は、犬のタイプ、年齢、そしてニーズによって異なります。わからないことがある場合は、獣医師や専門家に相談することをお勧めします。