犬が一晩中ぐっすり眠るための5つのヒント

· 2018年7月1日

あなたの飼っている犬が健康で成人に達ているのならば1日平均8時間から9時間寝なければなりません。しかし様々な理由で不適切な瞬間に目を覚まし、家族全員の眠りを妨げることがあります。ペットが通常の睡眠パターンを取り戻すためにはどうしなければいけないかを今回はお伝えしましょう。

犬の正常な睡眠サイクルを妨げる健康上の問題

昼寝中の犬

睡眠に問題がある場合は疲れていて感覚が鈍いように見えます。また落ち着きがなく、苛立ちがあり、緊張しているかもしれません。睡眠不足は社会的原動力を変化させ、生活の質を低下させます。犬が突然睡眠の方法を変えたのならば、何らかの深い痛みを感じているかもしれません。その場合は、獣医に相談してください。

犬の正常な睡眠を妨げる健康上の問題は次の通りです。

・退行性疾患。例えば変形性関節症

・脊柱の問題

甲状腺機能不全

・脳炎

・心臓または呼吸困難

・咳

夜に犬の目が覚めると、犬だけでなく人間の家族にとっても問題です。犬が一晩中眠るためのヒントをここでお教えします。

犬が一晩中ぐっすり眠るためのヒント

犬が健康なのに夜普通に寝れないのならば、以下のヒントを見てください。参考になるものがあると思います。

1.犬のルーティーンを変更しないでください。食事、散歩、遊ぶのがいつも一定の決まった時間にルーティン化して行われている犬は、あなたのそばにいるためにほとんどの場合夜中に目を覚ます事はありません。

2.ぐっすり眠るために快適で静かで適切な温度と換気がされた清潔な空間を犬に与えてあげてください。これにより犬は安心して保護されていると感じ睡眠の質が向上します。

3.犬の決められた睡眠場所がうるさい音で妨げられないようにしてください。犬の耳は私たちの耳よりはるかに発達していることを忘れないでください。例えば、大都市の通りに面した窓の近くにいる場合、夜間であってもおそらくクラクションやエンジン、サイレンの音が聞こえてくるでしょう。

4.過剰な量の食事を与えないでください。人間と同様、過剰の食事は睡眠障害をもたらします。ご飯を食べた直後に眠らないようにしてください。

5.適度な量の散歩や運動遊びをするようにしてください。エネルギーをたくさん消費する犬は十分な活動を行わない犬よりも安らかな睡眠をとることができます。最後の食事後の散歩はより安らかな睡眠を確保するために役立つでしょう。

真夜中に犬を起こしてしまうかもしれない問題

さらに、次のような理由で犬は起きてしまうかもしれません。

芝生に寝そべる犬

・嵐やお祭時の花火の騒音

発情期のメス犬。オス犬がこの期間中にメス犬の匂いを感じた場合、メス犬を追いかけたくて眠ることを忘れてしまいます。よって去勢することをお勧めします。

・新しい家の引っ越し、家族の争い、死、出産、離婚など様々な状況で引き起こされるいろいろなストレスと不安

いずれの場合も、子犬や年寄りの犬に睡眠障害が起こりやすいです。

犬を一晩中眠らせるために専門的な助けを求める

ここで述べたアドバイスがあまり役に立たず、あなたの犬がまだ眠らない夜を過ごしている場合は、動物の行動専門家に相談するのが最も適切です。忍耐強く献身的に解決方法を探せば、この問題はなくなり、遅かれ早かれ犬は一晩中天使のように眠るようになるでしょう。