分離不安障害を防ぐ方法

· 2018年9月13日
日常的なルーティンだとしても、飼い主が家を出ると犬はとても不安になります。

毎日仕事に行って家を空けていると、犬は「分離不安障害」というものを経験することがあります。犬種によって症状がもっと明らかになる犬もいますので、それを防ぐためのアドバイスを紹介します。

分離不安を避ける方法

私たちのペットとの絆はとても固いです。私たちのことをリーダーと認識しているので、一分たりとも離れたくないのです(ですから、犬がトイレまでついて来るのは実は普通のことなのです)。私たちが仕事に行ったり、買い物に行ったり、ジムに行ったりする時、ペットは妙な行動を取ることがあります。吠えたり、鳴いている声が外の道から聞こえるかもしれません。

犬はオオカミの親戚であるため、本能的に群れと一緒に暮らす方がいいと感じ、一匹だけでいると悲しくなり、ストレスを抱え、神経質になってしまいます。すると、家具を壊したり、物を噛んだり、してはいけない場所で用を足してしまったりします…このアドバイスに気を配って分離不安を防ぎましょう。

  1. 散歩に連れて行ってあげる

    分離不安を防ぐためには散歩に連れて行きましょう

    オフィスに行く前にペットを短い散歩に連れて行って、少しだけ疲れさせてエネルギーを発散させましょう。そうすれば日中元気も出すぎず落ち着くでしょう。朝の運動の疲れから回復できるようにたっぷりご飯と水を用意するのを忘れないで下さい。あなたが家にいない間は、犬を「お休みモード」に入らせることが狙いです。

  2. ルーティン化する

    家を出る前、なるべく同じ行動を取りましょう。鍵を取り、電気を消して、カーテンを開ける…そうすれば、犬はその行動があなたが出発することを示しているのだと理解し、心の準備ができます。このルーティンは家を出るたび毎回やることをおすすめします(家を出ている時間が短いとしても)。

  3. 犬にかまいすぎない

    多くの人はペットにかまいすぎて出発する数分前に話しかけたり、キスしたり、甘やかしたりしてしまうというミスを犯します。けれど、別れを予期させてしまうため、これはペットにとってよくありません。ですから、これは日常的なルーティンなのだということを理解させましょう。「すぐ戻ってくるからいい子にしててね、あんまり寂しがらないでね、家のことをよろしくね」など、普段言う事を伝えないようにしましょう。

  4. あらかじめさよならを言う

    これは、あなたが起きてから家を出るまで一時間あるとしたら、出発する前に20分ほど遊んであげなければいけないということです。そうすればどれだけ愛されているのかわかる上に、見捨てられたと思いません。さよならを言わずに出発すれば何も起こりません。

  5. 罪の意識を捨てる

    家を出る準備ができたら、犬を一匹にさせてしまい悪者になってしまったようなネガティブな気持ちは遮断しましょう。神経質になったり、悲しくなったり、不安になったり、罪の意識を持つのは、なしです。この関係でコントロールと主導権を握っているのはあなただということを覚えておいて下さい。落ち着いたリーダーは群れの不安を和らげるし、安心できます。

  6. 少しずつ慣らす

    家に一匹だけだと、愛犬は分離不安になってしまうことがあります。

    分離不安を避ける良い方法は、ペットが慣れるようになるための期間を設けることです。この方法を成功させるには、一匹にさせる時間を毎回徐々に増やして、慣らしましょう。例えば、最初は家の周りを一周することから始め、その後コーヒーを買いに行き、買い物に行き、徐々に仕事に出かける8時間から10時間ほど家を空けられるように慣らしていきましょう。

  7. 家に帰ってからリラックスさせる

    長い一日から戻って玄関を開けると、最初に目に入るのは楽しそうに振られるしっぽか、飛び回る姿か、吠えている姿でしょう。難しいかもしれないですが、迎えてあげる前に愛犬が落ち着くまで待ちましょう。そうしないと、愛犬はそういう態度をあなたは支持しているのだと思うでしょう。

  8. 罰を与えたり叱ったりしない

    犬は受ける罰やもらえるご褒美を自分のした行動と繋げます。彼らにとって分離不安はなりたくてなっているものではありません。ですから、何かを壊しても、いくら叱っても、犬は何が悪かったのかわかりません。一匹にさせることが罰なのだと思うようになってしまいます。