愛犬を熱中症から守る方法

· 2018年5月6日
特に暑い夏の間は、愛犬が涼しく健康でいられるように熱中症対策を取ることが大切です。

夏が来たのでこの暑い中、体調管理はきっちりしなければなりません。特に暑さに敏感な私達の大切なペットも同じです。ですから、気をつけて愛犬を熱中症から守ってあげなければいけません。

犬の熱中症について

ペットが熱中症になるのは夏だけではないということに気を付けて下さい。に激しい運動をさせたり、風が通らない車の中やクレートなど、閉鎖された空間に一匹のままにさせると季節関係なく熱中症になる可能性があります。

犬は肉球を通して汗をかきますが、熱を逃がす身体の主要部分はパンティングをする舌です。

犬を熱中症から守るために涼しくさせてあげましょう。

犬が熱中症になると、体温が平均の38°Cから42°Cにまで上がります。

こうなると、酸素が不足することによって細胞がダメージを受け、さまざまな臓器に影響を及ぼす可能性があり、深刻な結果を招きます。

熱中症はあなたの大切なペットに深刻な影響を及ぼすかもしれません。ですから、治療するよりも予防する方が絶対に良いでしょう。

愛犬が熱中症になっているかもしれないサイン

熱中症の症状の中でも特に私達が指摘したいのは…

  • 口や目にある赤っぽい又は黒っぽい粘液
  • 非常に速い呼吸又は過度のパンティング
  • 血の混じった下痢
  • 嘔吐
  • とても弱々しくなっている
  • 発作
  • 衰弱しきって横たわっている
  • 意識がない

愛犬の熱中症を予防する方法

熱中症に関して一番大切なことは予防することです。それにはどうすればいいのでしょうか?次の点に気を配って下さい。

  • 愛犬が常にきれいな、冷たい水を飲めるようにしておきましょう。
  • 気温が高い日は、日が高いうちは愛犬が直射日光に当たらないように気を付けましょう。
  • 散歩、遊び、運動などをする時は一日の間で気温が低い時にしましょう。
  • 愛犬が庭やバルコニー、屋上などを行き来できるようになっている場合、日陰や飲み水があるか確認しましょう。
  • 室内では、愛犬を風通しの良い場所にいさせましょう。

絶対に愛犬を車の中で一匹だけにしない

犬の熱中症に関して特に気をつけなければならないのは車の中です。

どんな時でも、例え車が日陰にとめてあっても、気温がそんなに高くなくても、絶対に愛犬を車内で一匹だけにしてはいけません。

車内は短い時間で熱が集中してこもってしまい、死のトラップになってしまうため、こういった状況で愛犬が死んでしまうリスクはとても高いです。

熱中症のリスクが最も高い犬はどういう犬なのか

どんな犬でも熱中症になる可能性はありますが、熱中症になりやすい犬がいるのは事実です。その場合、特に注意しなければなりません。熱中症になりやすいのは…

  • パグ、ボクサー、ブルドッグなど鼻が低い犬
  • 老犬、特に呼吸器に問題を抱えている老犬
  • 子犬
  • 肥満のワンちゃんたち

熱中症になった犬を手当てする方法

犬の熱中症予防のために水を飲ませましょう。

愛犬が熱中症になってしまった場合には、迅速に動かなければなりません。治療を受ける前にする応急処置が生と死を分けることになります。愛犬が熱中症になった場合…

  • できる範囲で最も冷えた場所に犬をおいてあげましょう。
  • 水を飲ませてあげましょう。けれど自分で飲めなければ、飲ませないで下さい。
  • 犬の体を冷やしてあげましょう。けれど水は冷たすぎてはいけません。凍る程冷たいものはもってのほかです。浸かるようなお風呂に入れたりするのも、濡れたタオルをかぶせるのもやめましょう。

どんな場合でも、獣医に電話をして専門家の助けが来るまで何をしたらいいのか聞きましょう。