愛犬が消化不良を起こしてしまった時の対処法

· 2018年11月13日
これから紹介する簡単なアドバイスを参考にしてみてください。

犬の消化不良は飼い主が思うより起こりやすいです。軽いケースだと、時間と共に治まりますが、もし問題が続いたり、悪化するようであれば信頼する獣医に診てもらうのが一番です。どちらにしろ、愛犬が消化不良を起こしてしまった場合は、これから紹介する簡単なアドバイスを参考にしてみてください。

犬が消化不良を起こしているサインと原因

犬が消化不良を起こしている時に最もよく起こるサインには以下のようなものがあります。

犬の消化器系の問題

また、これらの症状の原因としては次のようなものが挙げられます。

  • 腐っていたりして質の悪い食べ物
  • 過食
  • アレルギー
  • ウィルスやバクテリア
  • ストレス
  • 不安

あなたの犬に消化器系の問題がある場合、以下の対処法に従ってみましょう。けれどしっかり完治させるためには、必ず信頼する獣医に診てもらいましょう。

お腹が弱い犬のための食事

お腹が弱い犬のためのベストな食事とは?

ペットの食事に関して何か決断をする時は、ペットの特徴を踏まえて考えることが大切です。特に消化器系の問題に関してはそうです。愛犬が何か消化器系の問題を抱えている場合は、食事にしっかり食物繊維が入っているか確認しましょう。そうすることによって、腸の動きを整えることができます。

そして、愛犬の現在のライフステージに必要な栄養素や食べ物を知るためには、信頼する獣医に相談しましょう。または、獣医に動物の管理栄養士を紹介してもらうこともできます。

それから、胃腸が弱い犬のために作られたご飯も売っていますが、買う前にちゃんと獣医に相談しましょう。そうすることによって愛犬にとって一番良い選択肢を選んであげることができます。

犬が消化不良を起こしている場合に気をつけた方が良いこと

もし愛犬が消化器系の問題を抱えている場合は以下のことにも注意しましょう。

  • 清潔で新しい水をたっぷり与えてあげましょう。もし水が汚かったり、食べ物の残りかすなどが入っていると、様々な感染症の原因になります。また、水はあまり冷たくしすぎると犬のお腹が冷えて不快感を与えてしまうかもしれないので、適温の水をあげましょう。
  • 過食に注意しましょう。不安やストレスが原因の可能性もありますが、食事を食べるスピードが速すぎる犬もいます。これを止めるためには、愛犬の食事を一日のうちに数回に分けてあげましょう。一日に三回食事を与えるのがおすすめです。もし過食の原因が他の犬と一緒にいる(そして食べ物がなくなってしまう不安がある)からであれば、一匹ずつ別々にご飯をあげましょう。
  • 信頼している獣医や管理栄養士からの指示でない場合、食事に急な変化を与えないようにしましょう。犬は習慣づけられた食事の変化にとても敏感です。

犬の消化不良を防ぐためのその他のアドバイス

ご飯を食べる犬 消化不良

愛犬の消化器系の問題を防ぐためには以下のことにも注意してください。

  • ゴミや破片などの物を食べてしまわないようにしましょう。道や公園、ゴミ箱など行くところ全てで見つけたものを何でも食べてしまう犬もいますよね。あなたの犬がそうである場合はちゃんと注意して見ていることによって消化不良を防げます。
  • 中毒を起こす可能性があるものは犬の手が届かないようにしましょう。それには、殺虫剤、殺鼠剤、不凍液、そして特定の植物や薬なども含まれます。もしペットが吐いたり下痢をしていて中毒を起こしているかもしれない場合、何を口に入れたのか定めて直ちに獣医に診てもらいましょう。