愛犬を癌から守るためにできること

· 2018年8月30日

は人間だけでなく、ペットにとっても治療が非常に難しい病気です。しかし、人間と同じように、愛犬が癌になるのを防ぐためにできることがあります。大好きな人が死に直面したり、病気で苦しむのを見るほど辛いことはありません。

犬の癌に対する予防

今回ここでご紹介するのは、ペットが癌にかかるのを防ぐ方法です。癌を必ずしも予防できるとは言えませんが、「予防は治療よりも良い」ので参考にしてみてください。

犬が必要としないワクチンを避ける

飼い主と遊ぶハスキー

信じられないかもしれませんが、犬が癌にかかるリスクを高めるワクチンが存在します。パーデュー大学の研究者たちは、この現象に強い確信を持ち、それを実証するために研究チームをつくりました。研究の最終結果により、ペットのワクチンに入っているいくつか成分が、犬の免疫系トラブルを引き起こす可能性があると証明されました。

ですから、次の場合のみペットにワクチンを接種してください。

・法律で必要とされているワクチン

・病気や問題を防ぐために必要不可欠なワクチン

・予防接種がもたらすメリット、および副作用についても理解しているワクチン

・獣医によって勧められた予防接種

ペットが病気から回復したばかりの場合は、獣医に相談してペットが完全に回復するまで予防接種を遅らせるように頼んでください。ワクチンは自己免疫系を低下させます。そして病気も同様に免疫系の防御を低くします。弱い免疫システムとワクチンにより、犬は癌にかかりやすくなる恐れがあります。

適切なタイミングでの去勢

犬を去勢することで、何種類かの癌を予防することができます。癌が発生しやすい部位を取り除けば、犬の癌を防げるのです。多くの犬は生殖器部の癌にかかっていますので、獣医が進めるタイミングで、ペットを去勢することは、生殖器癌を予防する最良の方法です。

有名な女優アンジェリーナ・ジョリーは、家族に乳がんで亡くなった病歴の人が複数いたため、両方の胸を切除することに決めました。彼女は、生命を脅かす恐ろしい癌の発症リスクを下げるために、この決断を下しました。

化学物質に注意

パーデュー大学のもう一つの研究で、 芝の処理に使う化学物質にさらされた犬は癌を発症する可能性がより高いことが実証されました。具体的には犬の尿路の癌腫により発症します。

ノミやダニ治療に使われる化学物質も同じことが言えます。ですから、民間療法やオーガニック製品を使うことをお勧めします。民間療法やオーガニック製品は、おそらくより高価ですが、ペットの命を救うことができます。

家の中の汚染を阻止

化学物質を含むクリーニング製品、蚊やアリに効くスプレー、部屋の中での喫煙も犬の癌発症のリスクを高める可能性があります。人間に影響を及ぼすのと同じで、化学物質と煙はペットにも害をもたらします。

ペットの健康維持

「攻撃は最善の防御」と言われています。犬の健康を維持することは癌と戦うのに役立ちます。定期的な運動と健康的な食事で癌から愛犬を守ることができます。

大手ブランドのドックフードやおやつのクオリティーは高く、一般的には不要な化学成分が含まれていないことが保証されています。

ストレスを避ける

海岸でくつろぐ犬

ストレスは肝臓を過度に働かせます。臓器に過剰に負担がかかると、化学物質を生成するようになり、癌細胞が発生し増殖する恐れがあります。こうして、愛犬が癌を発症してしまう可能性が高くなります。

これは熱く議論されている話題であり、多くの論争を招いていますがストレスは生きている生物にとって良くありません。もちろんペットにも同じことが言えます。

今回ご紹介したアドバイスを実行すれば、健康で幸せな犬の生活を保障することができます。このアドバイスによって癌にかかるのを完全に防げるわけではありません。しかし、犬を健康に快適に生活させるための手助けになるでしょう。