トイレのしつけ:新聞紙の上で用を足す

· 2018年5月25日

子犬がやってくると楽しいこともたくさん増えますが、子犬が快適に暮らせるよう生活を整える必要があります。する事はたくさんありますが、まず初めに犬に教える事は新聞の上で用を足すことです。

どこで用を足すかすぐに教える

犬は祖先の狼と同様、用を足す時、自分のテリトリーの外でします。つまり小さなベッドの外に行って用を足そうとします。なぜなら、住処をきれいにしておくことで臭いによって他の敵に襲われないようにするためです。また衛星に保つことで寄生虫を防ぎます。

真っ白な子犬

家ではどこでも好きなところに用を足していいわけではないと、忍耐ぶかく何回も繰り返して子犬に伝えましょう。まだ予防注射が済んでいないため外出できないので、新聞紙等の上でおしっこをする方法を教えなくてはなりません。

新聞紙の上で用を足せるようにしつける事は時間がかかり忍耐強く愛情深く教えなければなりません。

おしっことウンチを新聞紙の上でするようしつけるアドバイス

最も重要な事は、家の中に、犬だけのための場所を決めることですそこに犬のベットを置き、おもちゃや餌、水を入れるボールも置いておきます。また床に紙を敷いて、犬がトイレに行くサインをしたらそこに連れていきましょう。

もし犬がいつも適切な同じ決められたな場所に用を足せたら、優しい声をかけたり、しっかりと撫でたりご褒美をあげてその行為を褒めましょう

正しい行為に対して褒める「正の強化」は犬を訓練する良い方法です罰を与えてはいけません。罰はいい結果を生みません。犬は怖がったり、トラウマになったり、そこらじゅうで用を足すようになるかもしれません。

忍耐と観察

子犬にいつも同じところで用を足すようにさせる事は簡単なことではありません。犬はゆっくりゆっくり時間をかけて学ぶので、あなたは忍耐強くそれを見守る必要があります。

子犬が用を足す時間になったら注意深く犬を観察しましょう。そうすれば適切な場所で用を足すことができます。犬がトイレに行くのは大体以下の時間です。

・起きたとき

・ご飯の後

・遊んだ後

興奮したりナーバスになった時

生後2ヶ月の子犬は3時間から4時間おきに、用を足さなければなりません。大きくなるにつれその間隔は長くなります。うんちをしなければならない時は、床の匂いを嗅いで何かを探してるような仕草をします。

紙の上から、外で用を足す。少しずつ行うトイレトレーニング

散歩をする犬

日が経つにつれ、今までの苦労が実を結ぶでしょう。子犬はあなたがOKを出した場所だけに用を足すようになります。何か質問があれば獣医に相談しましょう。

以前から使われている新聞紙の代わりにペットショップで専用のシートを買うことができます。そのシートは臭いがついていて、そこで用を足すよう促す効果があります。

散歩に行くようになると生活のサイクルになれ、新聞の上でなく外に出かけたときに用を足さなければいけないことを学ぶでしょう。けれどもそれについては、また別の記事でお話しします。しばらくは忍耐強く愛情をもって犬のトイレトレーニングを見守りましょう。頑張ってください。