手のかからない犬っているの?

· 2018年8月23日

犬を飼い始めたい人が最初に考えることと言えば、「どの犬種が最も世話が簡単なのか」ではないでしょうか。そこで今回は、あまり手のかからないたちを、紹介していこうと思います。

手のかからない犬

家で飼い犬と過ごせる時間が少ない人、公園に出かけることが少ない人、子どもがいない人には、これから紹介する犬種がお勧めです。正しく食事を与え、散歩に連れて行き、愛情を注いでいる限りは、健康に育ってくれる子たちです。

1.グレート・ピレニーズ

元々は牧羊犬として生まれた犬種であるため、外で時間を過ごすことには何の問題も持ちません。大きく、体毛が多く、寒さにも強いです。自立的かつ命令にもしっかり従うため、番犬に向いています。ただ、よだれをよく垂らすため、そこには気を付けましょう。

2.イタリアン・グレイハウンド

グレイハウンド種の中でも最も小さく、狭い家でも飼うことができます。陽気で優しい性格で、休日を一緒に過ごすのには最適です。子犬の頃は少し元気すぎるところがあるかもしれませんが、成長するにつれて落ち着き始め、世話が楽になってくるでしょう。

3.ブラジリアン・マスティフ

番犬や狩猟犬として利用されるために、ブラジルで生まれた犬種です。南国生まれで毛は短いため寒さには弱いですが、夏の間は外で過ごしても問題ありません。危険を察知すると攻撃的になることはありますが、基本的にお世話が簡単です。

4.ボストン・テリア

手のかからない犬2

明るくてしつけがしやすく、一人暮らしの人にとっては最高のパートナーになってくれるでしょう。小型犬のため狭い家でも飼いやすいです。毛は短く、毎日ブラッシングする必要もありません。

5.ブルーティック・クーンハウンド

アライグマを捕まえるために生み出された犬種で、屋外での生活にもすぐ適応することができます。その一方で体は大きく、狭い場所に住むことは難しいです。感染症を防ぐための耳掃除だけ欠かさず行っていれば、その他の世話はあまり必要になりません。

6.アメリカン・スタフォードシャー・テリア

社交的な性格で、飼い主と一緒にいて撫でられたり遊んだりすることが大好きですが、数時間ならひとりで過ごすことも気にしません。また危険を察知したりしない限り、吠えることもありません。

7.オーストラリアン・キャトル・ドッグ

オーストラリアン・ディンゴという野犬と家庭犬を交配した犬種であるため、とても自立しており、牧畜犬、番犬として活躍します。中型で、高齢になるまで基本的に健康でいられます。

8.ウェルシュ・コーギー

とても世話のしやすい小型犬でありながら、その逞しさから牧畜犬としても活躍していました。毛は短く、最高で15年ほどまで生きることができます。