お留守番しているペットのケアをする方法

· 2018年10月5日
あなたが長い時間働いていてペットがお留守番している時、彼らが退屈したり、家具をボロボロにしないように、そしてお腹を空かせないようにケアする方法はたくさんあります。

今回はあなたが家にいない間、ペットのケアをする為のアドバイスをご紹介します。

どこにいようがペットのケアはちゃんとする

ペットにお留守番をさせなければいけない時はしょうがないとはいえ、悲しくなりますよね。大親友が何時間もひとりぼっちで過ごさなければいけなくなっても、私たちは仕事や学校に行かなければなりません。仕事に一緒に連れていけたらいいのですが、(今のところは)許してくれる会社はそう多くありません。

家に誰もいない間は一日中おとなしく寝て過ごす犬もいます。けれど、すぐ退屈してしまい周りの物を手あたり次第に破壊してしまう子もいます。これは家具であったり、適当な物だったり、自分のベッドだったり、おもちゃだったりします。

お留守番する犬

また、飼い主がいないと吠えたり、うなったり、クンクン鳴く犬もいます。これは、恐怖と不安が彼らを苦しめているのです。あなたの愛犬がこういう行動を取っているかどうか気になりませんか?

外出中にペットのお世話をするためのとっておきのアドバイスを教えます

当然、ペットと一緒に家にいたいからと言って、簡単に仕事を辞められるわけではありません(家でできる仕事をしてもいいですが)。ですから、そばにいなくても彼らのケアをしてあげるためには、次のことに気を配ってください。

  1. ペットをあなたに依存させない

    あなたのペットは自分で自分を楽しませる方法を覚えなくてはいけません。そしてそれはおもちゃを何個か持つということです。できればペットを退屈させないよう、毎月違うおもちゃや遊べる物を買ってあげましょう。とにかくあなた必要としなくてもいいものでなくてはなりません。
    パウボと犬

  2. 過保護にならない

    もちろん、家に帰ったらペットと一緒に時間を過ごすべきです。けれど、愛犬のいない一人の時間を過ごしたくなる時もあるでしょう。トイレや、ベッド、ソファまで着いてくる必要はありません。例え隣の部屋にいるとしても、あなたが常にペットのためにいるというわけではないことをペットは理解しなければいけないのです。

  3. 平穏な環境の中でお留守番させる

    朝外出するとき、できるだけ家を片付けて整えておくことをオススメします。布団が畳まれていなくても愛犬は気づきませんが、そのまわりのエネルギーを感じ取ることはできます。ペットを落ち着かせるために滝付きの噴水(最近流行っている禅噴水です)を買ってもいいでしょう。もう一つの方法はペットが寂しさを紛らわせられるようにラジオやテレビをつけたままにしておくことです。

  4. 朝早く一緒に散歩をする

    運動するチャンスを与えるために朝愛犬を散歩させましょう。そうすれば犬は疲れてエネルギーをより上手く消費できます。その後の時間はペットはいつもよりアクティブにならずいたずらする気も起きないでしょう。そして散歩から帰ってきたら、愛犬がご飯を食べて落ち着いて消化できるようにエサを与えて下さいね。

  5. あまり物事を大きくしない

    家を出る時、オーバーに撫でまわしたり、抱きしめたり、悲しい顔をしないようにしましょう。ベッドや好きな所にいさせてあげて、まるでもう二度と会えないようにお別れを言わないようにしましょう。普通にして、荷物を取って、ゆっくりドアを開けて、閉めて、それだけです。あなたがいないことに気づくのにペットは一時間ほどかかるかもしれませんよ。

     

このアドバイスの他にも、最新のテクノロジーを利用してあなたがいない間ペットを楽しませることをオススメします。パウボというペット用グッズのおかげで、あなたの犬や猫の一日はもっと楽しくなりますよ。

画像を送信するカメラを通してスマホから(アプリを使って)あなたのペットの様子を見ることもできます。それだけではなく、マイクとスピーカーもついているのでその場にいなくてもコミュニケーションが取れます。

すごいところは、好きな時に開くように設定できるおやつを入れて置ける箱がついているところです。良いことをしたら褒めてあげましょう!
パウボキャッチ

また、あなたがオフィスにいて、ペットが自宅にいる間に光を使ったゲームで遊んでくれます。思い出を残しておきたい場合、アプリがSNSでシェアできるようにもなっている画像や動画を保存する機能もついた優れものです。

猫を飼っているなら、猫じゃらしの付いたパウボ キャッチという商品もオススメです。猫じゃらしスティックはどんなスマホからでも操作できるので、ペットの長い、退屈な日々はもうこれで終わりです。

このように大切なペットのケアを忘れないように心がけてみましょう。