大人しい犬の育成を実現させましょう

· 2018年5月9日
今回のアドバイスを実践すると、犬がいつでも安心しておとなしくいられるようになります。

もしあなたのペットが神経質で噛んだり、吠えたり、少しの間でもおとなしく座っていられないようであれば、この記事を読むことをおすすめします。あなたが一緒の時も、犬が一匹だけの時も、愛犬をおとなしくさせるためのアドバイスを紹介します。

おとなしい犬にするためのアドバイス

飼い主たちは皆愛犬が一日の大半をおとなしく過ごしてほしいと願うはずです。そうすれば気持ちの良い共同生活を送ることができ、たくさんの問題を回避できます。もしあなたの友達が一瞬でもおとなしくできないようであれば、犬を落ち着かせるためのアドバイスがいくつかあります。

1.良いことをしたら褒める

良いことをしたら褒めておとなしい犬に育てましょう

あなたがしてほしいことをペットがしていたら、ご褒美をあげましょう。例えば、おとなしくあなたの足の隣やベッドで寝ていたら、ゆっくり撫でてあげて優しく話しかけてあげて下さい。怒鳴ったり、してほしいことをさせるためにきつい口調で命令しないで下さい。子供やご近所さん、他の動物などの前でお行儀良くできたら、おやつやおもちゃを与えてもいいでしょう。

2.「ふせ」を教える

ペットを家の中でおとなしくすることに慣らしたら、犬がいないと思うくらい静かな家になりますよ。けれど「ふせ」を教えるためは冷静に、根気強く教えなければいけません。愛犬が「ふせ」を覚えて、きちんと従ってくれるようになったら、もっと難しくしてもいいでしょう。お客さんが来ている時や、外に出ている時におとなしくふせができるようにさせましょう。そうすればこういう状況にいる時にはおとなしくしていなければいけないのだと犬は頭の中で理解できるようになります。

3.優しい声で話しかける

あなたが愛犬に対して使う言葉は、声のトーンほど重要ではありません。何を言っているのか理解する時、犬はいくつかの言葉やフレーズしかわかりませんので、残りは飼い主の口調の変化に基づいて判断します。あなたがしてほしいように愛犬が行動するよう、ゆっくり、優しく話しかけましょう。そうすれば、命令されているのだと思いません。微妙な手のジェスチャーを使って、悪いことをして叱る時のジェスチャーと区別をつけましょう。

4.興奮を助長しない

もし犬が神経質になっていたら、興奮を助長するようなことをしてはいけません。例えば、仕事から帰ってきた時、愛犬は飛び回って吠えるかもしれません。数分間待ってから迎えてあげて遊んであげましょう。もし興奮していたら、じっとおとなしくなるまで待ちましょう。さもなければ落ち着かせるのがとても難しくなります。

5.落ち着いている時にしつけをしたり遊ぶ

もし新しいトレーニングを始めて、犬が神経質になっている時に何かを教えたい場合、犬はしつけの時はそういう態度でいなければいけないと思うでしょう。反対に、落ち着いている時に犬に教えることを私たちはおすすめします。

6.愛犬のことを理解する

犬をしつけておとなしい犬に育てましょう。

犬は大きい音に敏感で(雷、花火、サイレンや大声など)、とても神経質になる場合があります。そういう時、コントロールできないものから神経質になっている場合、叱らないで下さい。それよりも、落ち着かせてから、甘やかしたり一緒に遊んであげたりしましょう。

7.マッサージしてあげる

妙に聞こえるかもしれませんが、犬の飼い主の多くが人間も使うリラックス方法を犬のために取り入れています。動物をリラックスさせるメカニズムは、お腹やアゴを撫でるなど、いくつかあります。

8.自信をつけてあげる

愛犬があなたを信頼するということはとても重要です。このアドバイスは特に過去に虐待を受けていた犬を保健所から引き取った飼い主さんたちに向けられています。あなたのことを頼れるのだと理解すれば、おとなしくすることをに教えるのはもっと簡単になるでしょう。