無駄吠えを止めさせる方法

· 2018年6月6日
無駄吠えは、時に手に負えないほど酷くなることもあります。今回は愛犬の無駄吠えを止めさせる方法をご紹介いたします。

どんな状況であっても、犬が吠えるのは何かを伝えようとしているからです。喜んでいるのかもしれませんし、危険を知らせようと吠えているのかもしれません。しかし、ご存知の通り、どんな些細なことに対しても吠えてしまうこともあります。このような無駄吠えを直すにはどうしたらいいのでしょうか?

無駄吠えを止めさせるためには、まずは吠えている原因を知る必要があります。

無駄吠えを引き起こす状況

無駄吠えが習慣化してしまっている場合、止めさせることは簡単ではありません。根気よく向き合っていく必要があります。そして、無駄吠えを引き起こしている原因を理解することが大切です。

ストレス

犬には食べること以外にも基本的なニーズがあります。例えば、仲間、毎日の散歩、家での十分なスペースなどです。これらのニーズが満たされていないとき、過度に吠えるという行動に出ることがあります。これは言わば犬のストレス発散法です。

過度なストレス、虐待や孤独、または狭い空間に住んでいたり不満を感じる毎日を過ごしていたりする犬は、吠えることが唯一の表現方法とストレス発散方法なのです。

孤独

寂しくて吠える犬

飼い主の人間と同じように、犬も社会性を持った生き物です。犬も毎日周囲とのやり取りを必要としています。アクティブな犬であれば特にそうです。

犬が自然でのびのびと暮らしていたら、1日24時間常に群れと過ごします。 リラックスをしている時も、近くには遊ぶ犬がいます。

そのため、長時間犬に留守番をさせる場合は、犬と一緒にいられる人や他の犬を探すことが賢明でしょう。

分離不安

これは孤独の問題と密接に関連しています。もしあなたの犬が監視やルールも無しで留守番をしているのであれば、分離不安は家具を噛む、吠えるといった問題行動として表れる可能性があります。

この解決策は、問題の根底を見つけ、健康、平静、安心を与えることで分離不安を取り除くようにしましょう。

社会性の問題

いつも何かをしていて退屈していない犬であっても、物、車、そして人に対して吠えることがあります。これは、子犬の頃に社会性をあまり見に付けられなかった犬に見られ、このような犬は、音、子ども、自転車といったような刺激を怖がります。無駄吠えが手に負えない程であれば、専門家に相談しましょう。

刺激が多すぎる

遊ぶのが大好きで興奮しやすい犬(子犬ならなおさらです)は、些細な刺激に対しても吠えたくなってしまいます。これは、他の犬と遊んでいる時、新しい発見をした時、好きなことをしている時、興奮しすぎている時などに起きます。 また、興奮するあまりおもらししてしまう犬もいます。

このような場合、犬の落ち着いた行動を褒めてあげましょう。通常このような行動は自発的ではないため、叱ってはいけません。

犬がイライラしないようにする

 犬にはイライラしてしまう状況やゲームがあります。例えば、レーザー光のようなもので遊ぶと人間には楽しく見えるかもしれませんが、犬はいつまでも光を捕まえることができないのでイライラしてしまいます。このことから犬は欲求不満になり、それが行動に影響してくるのです。

健康、年齢、難聴

時間と共に犬も聴力や視力が落ちてきます。そして、驚くことに、このことが原因で以前より吠えるようになる犬もいるのです。

もちろんこのような状況の犬は特別なケアや愛情を必要とします。年をとった愛犬と暮らしている、または世話をしている場合、常に理解を示し敬意を払うことが大切です。

恐れ

犬は今までに経験した困難やトラウマ的出来事によって、特定の状況、人物、物に対して恐怖心を抱くことがあります。犬と接するときはこのことを忘れてはいけません。犬は自分の身を危険から守るために吠えているのかもしれません。

無駄吠えをやめさせる方法

吠えるビーグル

もしあなたの愛犬が無駄吠えをしているのであれば、次のようなことを試してみてください。

  • 一番重要なのは犬が安心してリラックスできる環境を作ってあげることです。そして、家だけでなく外出先でもそうしてあげましょう。良い行動が更に促させるように犬を撫でる、マッサージをする、ご褒美をあげるなどしてあげましょう。
  • 犬が些細なことで吠えても叱る必要はありません。叩くなどの体罰はもってのほかです。このような扱いは犬の問題行動につながるだけです。
  • 無駄吠えが多い犬は、運動不足の場合が多いです。激しい運動をさせる必要はありませんが、定期的に適度な運動をさせてあげましょう。
  • お散歩中に他の犬と出会った際に吠えてしまう場合は、リードを引っ張ってはいけませんリードを引っ張ってしまうと犬の緊張やストレスを高めてしまうので、何事もなかったかのように振る舞い歩き続けましょう。
  • 犬が落ち着いた行動をとるためには、安全範囲内で、飼い主も同じように落ち着いて行動することが重要です。