犬の問題行動を防ぐための5つのヒント

· 2018年6月22日

私たちに優しく付き添ってくれて、無条件の愛を与えてくれるペットは本当に素晴らしいものです。しかしこの世に完璧なものはありません。ときに犬は問題行動起こすことがあります。この記事では犬の問題行動を防ぐためのヒントをご紹介します。

犬の問題行動を引き起こす原因

犬の問題行動は、それらの背景に非常に具体的な一時的な理由があるかもしれません。あなたが新しい家に引っ越した場合や、家族の一員がなくなったことによるストレスが原因の場合があります。このような場合は、状況は通常時間が経つにつれ良くなり解決します。

しかし、過去の出来事からのトラウマや恐怖(虐待、放棄、拘禁など)のような深い理由があるかもしれません。この場合は時間と忍耐を要します。そして動物行動の専門家の助けを必要とするかもしれません。

怒られる犬

しかし、多くの問題行動はあなたが犬をしつけている時に起こったミスや、毎日の犬の扱い方によって起こる場合もあります。

この記事を読めば、犬の問題行動に対する素晴らしいヒントを得られるでしょう。

犬の問題行動を防ぐ方法

犬の問題行動が起きるのを防ぐ方法は以下のとおりです。

1.ルールを明確に決める

家族で物事をスムーズに行いたい場合は、人間であれ動物であれ家族全てのメンバーに一連のルールが必要です。そして何よりも大事なのはのルールに、一貫性があることです。

もし、犬はベットで寝てはいけないというルールならば、家族の誰もがそれを守らなければなりません。今日はダメだと言ったのに明日になったら日曜日だからいいとか、息子はダメだと言うのに娘は許可したりすると、犬は混乱してしまいます。一体どうやって行動すればいいのかわからなくなってしまいます。

2.人間のように扱わないでください。

あなたが向き合っているのは犬だと言うことを忘れないでください。よって、人間のように行動したり論理的に考えることを犬に期待しないでください。犬を人間のようにおしゃれに着飾ったり、衛生的に必要なもの以外のアクセサリーや香水、化粧品をつけないでください。

3.犬らしく振る舞わさせてあげてください。

犬にストレスやトラウマを感じさせず、問題行動起こさせないようにするため、あなたができる最も良い事は犬らしく振る舞うのを許してあげることです。

他の犬と交流させる。

・散歩するときに匂いを嗅いで周りの素晴らしい世界を探検させてあげてください。ゴミや糞のような不快なものの匂いを嗅ぐことも許してあげてください。

・十分な運動をさせてあげてください。十分な運動をせずエネルギーを多く消費しないと犬は退屈になり、破壊的になって問題行動を起こす恐れがあります。

4.トレーニングに正の強化を利用する

褒美をもらう犬

犬を訓練するときは、忍耐力を持って臨んでください。予想していた結果がすぐに得られない場合も長い目で見て落胆しないでください。

犬が良い行動をとったら、常に正の強化を利用して褒めたり、褒美を与えてください。犬を罰する代わりに、犬の悪い行動を無視してください。もし罰すれば、犬はまた罰せられるのではないかと常に怯えて問題行動を起こす恐れがあります。

5.いつも犬を優しく扱ってください。

優しく扱い、愛情をたくさんあげ敬意を払う事は人間だけでなく動物にとっても効果的に働きます。したがって問題行動を防ぐために以下のヒントに従ってください。

  • 犬を家に1匹で長時間放置しないようにしてください。
  • バルコニーであっても、小さなスペースに犬を閉じ込めないでください。
  • 犬の家や庭に鎖でつながないでください。
  • そして、どんな理由でも絶対に犬を殴らないでください。