犬をソファーに乗せてもいいの?

· 2018年5月12日
犬は人間とは異なる種であり、ニーズも考え方も人間とは全く違う生き物なのです。そして、これは犬をソファーに乗せるか乗せないかを考える際、決して忘れてはいけないことなのです。

 

ペットにとって、飼い主のぬくもりを感じながらリラックスできる場所はとても大切です。しかし、ここで注意が必要です。いつもそうさせるのではなく、スペシャルなご褒美のように小出しにする必要があるのです。注意していないとペットを擬人化することになってしまいます。そのためにも、ワンちゃんををソファーに乗せる前に、乗せることがワンちゃんの精神的健康や心の健康に及ぼす影響について考えることが重要になってくるのです。

愛犬の性格を知る

なかには不安の強いワンちゃんを飼っている人もいるかもしれません。飼い主に対して強い愛着があり、攻撃的な行動に出たり、他の問題行動を起こすこともあるかもしれません。もし、飼っている愛犬が支配的な行動を示すようであれば、物理的に高い所に登ることでその行動が悪化されることが考えられます。そして、これは飼い主の気が付かないうちに起こってしまうこともあるのです。

一方で、飼い主に愛着や依存心が強いワンちゃんは、飼い主と離れることで不安になってしまいます。そのため、ソファーに乗せ飼い主との時間を許してしまうと、問題は解決するどころか悪化してしまうことでしょう。ソファーに乗るボクサー犬

あるいは感情的なバランスがとれていて、問題行動も特に見られないワンちゃんだったら、ソファーに乗せて一緒にお昼寝をするのもいいかもしれません。問題に繋がらなさそうであれば、楽しくゆったりした時間になることでしょう。

体や頭を使う運動不足や甘やかしすぎといった習慣は、犬の問題行動の原因になりかねません。しかし、そのような問題行動が悪化しないようにする方法、そして最初から防ぐことのできるシンプルな方法があるのです。それはまずはソファーに乗せないようにすることです。ソファーに乗せることが必ずしも問題行動に繋がるわけではありませんが、乗せることは犬に大きな影響を及ぼす可能性があることを忘れないでください。ソファーに乗せる時は注意して考えてください。

良い習慣づけ

このように慎重になるのにはしっかりとした理由あるからです。考えてみてください。犬にとって ”聖地” のようなソファーの上に、なぜ乗って良い時とダメな時があるのか、犬には理解がしにくいのです。ここがはっきりとしていないと犬は不満を感じ、攻撃的になってしまうこともあるのです。

人間のように犬も習慣の生き物であり、優れた情動的記憶を持っています。子犬の時はソファーや、もしくはベッドで犬を撫でて可愛がるものです。犬が大きくなっても同じことをしてもらえると思うのも当然です。ソファーが “当たり前”の場所になってしまった犬ならなおさらです。これを防ぐためには、子犬の時から犬が地面にいるときに愛情を示すといいでしょう。こうすることで大人になっても、ソファーやベッドと愛情を連想することがなくなるのです。

あるいは、ただ単に飼い主の匂いがするからソファーに乗ってしまうということもあります。お留守番中でも飼い主を感じられる物の近くにいたいのでしょう。

ペットの正しい叱り方

ワンちゃんがソファーの上に乗っていたり他の家具の上に乗っているのを見つけたら、直ぐに叱って下ろしましょう。ただし、厳しくするのではなく、下りるように促した後に、力強い声で「ダメ」と伝えるのです。これは、犬がソファーに乗ってはいけないと理解させるのに一番効果的な方法です。

このしつけ法は繰り返す必要があります。根気よく伝えることが成功のカギです。また、ソファーに上らずに、きちんと床にいれたときはご褒美をあげましょう。こうすることで、犬は自分が正しいことをしている認識が深まるのです。

また、ソファーに上がることで起こるトラブルを防ぎたいのであれば、ソファーのある部屋のドアを閉めておくことをおすすめします。もしこれが難しいようであれば、もう少ししっかりとした対策を取る必要があります。

ソファーにカバーをかけるソファーの上の白い犬

とても簡単で効果的な方法は、消臭スプレーや香水、または犬が嫌がる成分を含んだ特別なスプレーをたっぷりふりかけた布やブランケットでソファーを覆うことです。犬は布を避けるようになります。もし、乗ってしまったとしてもソファーにつく犬のにおいは抑えられるため、数日でソファーに乗ろうとはしなくなるでしょう。

他にはソファーの端にアルミホイルを敷いたり空き缶を置くのもいいでしょう。犬がソファーに乗ろうとすると不快な音がするため、同じことを繰り返さないようになります。

そして犬がソファーに乗らないことを覚えたら、一貫性を持つことが重要です。ルールと違うことをしてしまうと犬は混乱し、ここまでのトレーニングが全て台無しになってしまいます。

もし、ここまでの方法でも効果が見られない場合は、プロのドッグトレーナーに相談することをおすすめします。