犬の散歩に潜む危険

· 2018年7月5日

犬は毎日散歩が必要で、しっかりと運動する必要があります。しかし、歩行中に起こり得る危険を常に考慮しなければなりません。今回は散歩中に起こりうる危険な状況を回避する方法と犬の行動をコントロールするためのヒントをご紹介したいと思います。

犬を散歩する危険性と重要性

ペットは毎日あなたと一緒に散歩に出かけます。残念ながらその時に様々な危険にさらされる恐れがあります。

脱水

あなたが走ったり、散歩する場合は、必ず水を持っていってください。そうすればペットは喉が渇いたときにいつでも水を飲むことができます。水を忘れると、犬はとても疲れて脱水症状起こす恐れがあるので、それは必ず避けなければなりません。

感染症

犬のワクチン接種に細心の注意を払う必要があります。毎日犬を散歩に連れて行くので、ジステンバーやパルボウィルスのようなウィルスにかかる可能性があります。

犬ジステンバーは呼吸器及び消化管に影響を及ぼすウィルスによって引き起こされる感染力の強い病気です。子犬から成犬まで犬の神経系にも影響を及ぼします。

若い犬と子犬の感染は、ウィルスを含んだエアロゾルにさらされたために起こる可能性があります。これらは他の犬の鼻分泌物または感染した野生動物から移る恐れがあります。

ジステンパーの最初の症状は目の鬱血と目の中の水のような分泌物または膿です。第二段階では、発熱、鼻水、咳、倦怠感、食欲減退、嘔吐、下痢などの症状を発症します。

犬の争い

攻撃的な犬の近くで散歩をしている時は慎重にならなければなりません。どこを歩いていくのか、危険を避けたほうがいいのか、慎重に分析してください。犬を散歩させるコースも慎重に考え、首輪とリードも忘れないでください。そうすれば、飼い主が常にコントロールする立場に立って、他の暴力的な犬を避けることができます。

他者への攻撃

犬.を散歩する際、飼い主がリーダーであることを犬が理解することが非常に重要です。飼い主が「おすわり」と命令すれば、犬はそれに従わなければなりません。従わない場合は、自宅で犬を訓練してください。犬は散歩を何かポジティブなものと関連付ける必要があります。他の犬に出会う事は恐怖でなく楽しいことであることを教えてあげてください。それには事前の訓練が必要です。

騒音公害

犬が街の騒音によって簡単に驚くのを防ぐためには、適した社会化と都市生活に順応するプロセスを踏むことが必要です。ペットの社会化が十分でなく、都市生活に慣れていない場合は、たくさん散歩に連れて行ってあげてください。車を見たり騒音を聞いたりしながら、自分の置かれた環境に慣れさせることが必要です。

社会化によって他の動物と仲良く交流ができ、子供と大人の区別もつくようになります。習慣化すると、は危険ではない環境要素を無視することを学びます。都会の環境に慣れた犬が、街の騒音気にしないのはこのためです。

郊外や田舎町を散歩する

秋の田舎町を散歩する犬

のんびりした郊外や田舎町を犬と散歩する際の一番の問題は、気が散ることです。非常に嗅覚が発達した犬にとっては、特にその傾向が強いです。元来、猟犬として使われていた犬種、動物を追いかける本能が備わっているので、動物を見つけると走っていってしまう可能性があるのです。そうなった時は、見失わないように気をつけてください。

人との交流

街中で散歩すると、自転車に乗っている人やスケートボードをする人、歩行者と出くわすことが一般的です。その場合、犬は怖がる必要はありませし、人々もまた犬を恐れる櫃ようはありません。両方の状況を避けるため、子犬のうちからしっかり訓練を始める必要があります。他の人に出会った時に、正しい行動ができるようにしっかりトレーニングしましょう。

最後に、もう一つ心に留めておかなければいけないことがあります。犬が好きでない人もいるということです。犬を恐れている人もいます。これらは尊重すべき理由であり、誰もが自分の意見を持つ権利があります。よって、あなたの犬は、他の人にジャンプしたり、吠えたりするべきではありません。犬にただ警告するだけでは不十分です、望ましくない状況避けるためにしっかりと訓練することが大切です。