犬に噛まれないようにする方法

· 2018年7月16日

犬に噛まれると、場合によっては非常に深刻で手術を必要とすることがあります。ですので愛犬、もしくは他の犬に噛まれるのを防ぐ方法を知っておことが大事です。今回はその方法についてご紹介したいと思います。

噛まれるのを避けるためのアドバイス

あなたの年齢が何歳でも、愛犬が非常におとなしい犬であったとしても、また犬を飼っていないとしてもこのヒントを参考にして噛まれることを防いでください。このアドバイスはどんな状況でも適用することができます。

1.犬との交流

奇妙に聞こえるかもしれませんが、犬は(他の動物と同様に)知らない人を信頼しない傾向があります。犬が家族のメンバーよりも見知らぬ人を噛む理由はそこにあります。犬に適切な形で自分のことを紹介すれば噛まれる恐れは少なくなります。手をリラックスさせて犬から離れ、終始犬から自分が全てはっきり見える場所に位置してください。犬に触れる前に、犬が唸ったり吠えることがない限り手の甲の匂いを嗅がせてください。

飼い主に甘える犬

2.警告サインを理解する

噛まれることを避けるために、動物の行動がどのようなものか理解することは非常に重要です。つまりボディーランゲージを学ぶ必要があります。攻撃する前に犬の尻尾は硬直するか非常にゆっくりと左右に振られます。犬は耳を後方に向け舌を突きだして唇を舐めます。そして非常に注意深くあなたを見守りうなり声をあげ歯をむき出しにするでしょう。

3.ゆっくりと移動する

犬が攻撃しようとしていることを察知した場合、噛まれないようにするためにできる最善の事は安全な場所に移動することです。(おそらく2人の間に障壁がある場所が良いでしょう)しかし決して走らないで下さい。これは事態を悪化させるだけです。ときには同じ場所に落ち着いてとどまり(叫ぶことなく)毅然とした態度で「近づくな」と命令することも賢明かもしれません。

4.何か物を使って自分を守る

犬が今にもあなたに飛びかかろうとしている場合、犬に噛まれた時のためにバック、ジャケットもしくは他のものをあなたの前に持っておくと良いでしょう。犬の勢いが強く押し倒されてしまったら体を小さく丸めて頭を腕で保護してください。そうすれば首や顔に深い傷を負おうことを防ぐことができます。

5.犬の振る舞いについて飼い主に尋ねる

噛まれるのを避けるためには、事前に動物の情報を得ることも有効な手段です。あなたの飼い犬でない場合は、飼い主に見知らぬ人に出会った場合の犬の行動パターンについて聞いてみてください。もし飼い主がその犬がある特定の動きや行動が好きじゃないと言ったならば、細心の注意を払ってそれらの行動を避けるべきです。飼い主ほど犬を理解している人は他にいません。

6.食べている時は近づかないでください。

犬が嫌いなことが1つあるとすれば食べている時に邪魔されることです。これはオオカミから受け継いだ本能的な反応です。犬があなたを脅威的だと感じたり食べ物を盗もうとしたら、おそらく噛もうとするでしょう。たとえ愛犬として飼っていたとしても、この瞬間にあなたは愛犬の「野生の本能」を目覚めさせるかもしれません。食べ終わるのを待ってから犬に近づいてください。

草の上に座る犬

7.ストレスの多い状況避ける

犬は遊んでいる際少し興奮しているので、わざとでなくても噛むことがあります。遊んでいるとしばし反応をコントロールすることができず、誤って耳やしっぽに触れ、噛む可能性があります。したがって犬が少し興奮気味であることがわかったら行動のペースを遅くして少し落ち着かせてください。

8.ペットを訓練する

犬に噛ませないためには、犬をよく訓練し、何が良い行動なのか理解させることが非常に重要になります。犬の訓練はちょうど生後12週間から行います。もし時間がなかったりどうしたらいいのかわからない場合は専門の犬の学校に連れて行くことができます。そうすれば、愛犬が家族や友人または通行人を攻撃するのを避けることができます。犬には歯や顎があり、いろいろなものを引き裂いて重症を負わせる恐れがあることを忘れないでください。