犬が攻撃的になってしまった時の対処法と原因

· 2018年12月16日
犬は飼い主を映す鏡だということを理解しましょう。もし犬を叩いたり、ちゃんと犬をしつけないと、深刻な結果を招くことになるかもしれません。

愛犬が攻撃的な行動を取り始めると、きっと家族に注意され、ご近所さんには目をつけられ、苦情が入ってくるでしょう。けれどたとえどんなにたくさんの人に言われたとしても、それはあなたの忠実なペットを捨てる理由にはなりません。その代わりにするべきことは、行動を起こすことです。

幸いなことに犬をしつけ、攻撃的になるのを防ぐのに役に立つ方法があります。そうです、あなたの犬も攻撃的な行動を抑えられるようになります。この記事で紹介するテクニックは例外なく、全ての犬種に使えます。

愛犬の攻撃的な行動を観察してみよう

攻撃的な行動を取る犬

犬が攻撃的になっている場合、まずはなぜ癇癪を起こしてしまうのか分析してみましょう。小さな子供が急に近づいてくると攻撃してしまう子もいます。一方、他の犬と喧嘩をしようとする犬もいれば、猫やねずみ、昆虫などを捕まえようとする犬もいます。

犬が攻撃的になってしまう外的な要因を見極めることが、解決策への第一歩です。この知識があれば、予防策を練って攻撃的になってしまうきっかけとなるシチュエーションから犬を遠ざけることができます。ですから、愛犬の周りをよく注意して見ていましょう!

早いうちからの社会化

たまに、社会的孤立から攻撃的になってしまう犬もいます。ですから、愛犬が2カ月~4カ月になったら、他の人間や犬と触れ合わせましょう。ソーシャルスキルの向上は適応力と精神バランスにもつながります。

主従関係を築こう

もし犬が攻撃的になっている場合、それは飼い主に従わずに行動しているという事です。専門家によると、二つの理由はリーダーシップと明確なルールの欠如だそうです。ですから、飼い主のあなたが効果的なリーダーシップを発揮し、矛盾のないはっきりしたルールを作らなければなりません。

効果的なしつけ方法の一つは、リードを使って犬の動きをコントロールすることです。犬にあなたと同じスピードで歩くことを教えましょう。少し時間をかけて、愛犬に芸を教えることも主従関係を築く良い方法です。

犬に「はなせ」を教えよう

犬を飼っている人ならもうおわかりでしょうが、犬は声の指示に従うことができます。よくしつけられた犬なら、「おいで」、「おすわり」、「アタック 」などのコマンドに従うことができるでしょう。

このタイプのしつけには噛むおもちゃがもってこいです。

  • 座って、犬と一緒にしばらく遊びましょう。
  • 愛犬がおもちゃを攻撃的に噛んだ時、はなせというコマンドを使っておもちゃを口から出そうとしながら「はなせ」と繰り返しましょう。
  • 時間が経つと、犬は噛むことが全てではない上に、口に入れる物全てを飼い主は噛んで欲しくないのだと理解してくれるでしょう。愛犬はきっと噛むことが少なくなり、衝動を抑えることを学びます。

犬にエネルギーを消費させよう

犬とキャッチボールを遊ぼう 犬が攻撃的になってしまった

もし愛犬が走る場所もなく狭い所で一日の多くを過ごしている場合、ストレスが溜まって暴力的になってしまっている可能性が高いです。あまり運動をしない生活は犬が攻撃的になってしまう主な原因です。

急いでササっと散歩を済ませてしまうより、もっと社交的になれる時間と質の高い遊びをする場を設けなければいけません。長めの散歩に連れて行ってあげたり、キャッチボールをしたりして家に帰るころには昼寝をする準備ができているくらいヘトヘトに疲れているか確認しましょう。運動と適度な疲れは愛犬の心のバランスにとって、とても大切なことです。

最後に、犬は飼い主を映す鏡だということを理解しましょう。もし犬を叩いたり、ちゃんと犬をしつけないと、深刻な結果を招くことになるかもしれません。