犬を公園で遊ばせる際の8つのマナー違反

· 2018年12月6日
犬を公園に連れて行く際には、誰もが快適に楽しく過ごせるようにルールをしっかり守りましょう。

どんな犬でも公園へ行くのは大好きです。愛犬を公園に連れて行く事は、あなたにとってもリラックスする時間になるでしょう。愛犬が他の犬といっしょに遊んでいる間、リラックスして自分の時間を楽しむこともできます。

しかし、犬を公園に連れて行く際に気をつけなければならないことがあります。ルールを守らないと、他の犬や、犬の飼い主に迷惑をかけることになり、さらには法律に触れるような問題を引き起こす可能性があります。今回はそうならないために、よく見られる8つのマナー違反についてご紹介します。

公園で起こる最も多いマナー違反

飼い主の言うことをきく犬

犬のウンチを片付けない

犬のウンチを処理するのは、明らかに飼い主の責任ですが、公園でそれをしない人が多いです。少し考えてみてください、誰もウンチを拾わなかったら、犬を連れて行くきれいな公園が存在するでしょうか?答えは明らかです。

少し気をつけるだけで、公園を清潔に保ち、快適に過ごせるように貢献することができます。愛犬や他の犬が病気になるのを防ぐのにも役立ちます。

こちらもご参考に:
お散歩でやりがちな間違い

犬を訓練していない

逆立ちしたり特殊な訓練をしろと言ってるわけではありません。「おすわり」や「おいで」などの基本的な言いつけを犬が従うようにしつけてください。

例えば犬が他人の物をくわえていたり、他の犬や人の邪魔をしてる時にしっかりとしつけをしていれば、少しの努力でそれを辞めさせることができます。自分たちだけでなく公園を使うすべての人たちにとってプラスになることです。

犬を公園で運動させる

公園に着くや否や、エネルギーに溢れた犬を放し飼いにしてエクササイズさせるのはやめたほうが良いです。特に他の犬が公園にいる場合は避けた方が良いでしょう。

犬の興奮したエネルギーが他の犬にも移り、問題を起こす可能性があります。したがって、公園に行く前に少し運動させるか、公園に着いて犬が落ち着いたのを見てからリードを外して遊ばせてあげましょう。

マナーを守らない犬をそのままにしておく

私たちが不快な人と一緒にいるのを好まないのと同じように、犬もマナーを守らない不快な犬と一緒にいるのは好きではありません。

犬がルールを無視した場合喧嘩になる可能性があるのでこれをやめさせなければなりません。愛犬とその他のペット両方のためにしっかりとコントロールしてください。

リードをつけたまま犬を遊ばせる

飼い主の中には愛犬のリードを外して自由に遊ばせるのをためらう人もいます。しかしこれは間違いです。リードをつけている犬はつけていないものよりも不安を感じやすく自信がないと感じてしまいます。

あなたの犬は、リードをつけていない他の犬に脅かされ喧嘩になる可能性もあります。したがって、リードを外さずにリードをつけている犬とだけ遊ばせるか、危険がないことを確認した後で、リードをとって遊ばせるようにしてください。

ご存知でしたか?:
犬と質の高い散歩をするためのステップ4つ

発情期(ヒート中)にメス犬を公園へ連れて行く

愛犬が発情期の最中であれば、どんな状況でも公園に連れて行かないでください。リードを外すと逃げる可能性もあります。これらの問題が発生する前に回避するようにしてください。

小さな犬を大きな犬と一緒に遊ばせる

寝転ぶ犬 マナー違反

小さな犬は時に、大きな犬から獲物とみなされることがあります。したがって公園にいる大きな犬がおとなしく危険でないことを確認してから小さな犬を遊ばせるようにしてください。

そうでない場合は、他の場所に行くか、リードつけたまま犬の近くにいて注意深く見守ってあげることが必要です

携帯に夢中になる

犬は子供と同じで、問題が発生した場合自分自身で解決できない可能性があります。多くを飼い主に依存しています。ですから、しっかりと見守ってあげることが大事です。犬を放し飼いにしているときに飼い主が携帯に夢中になっていると、喧嘩が起こったり、知らないうちに犬が逃げたりしてしまうかもしれません。犬が逃げたと気づいたときには遅すぎる可能性もあります。