犬を殺しかねない倦怠にご注意を!

· 2018年11月19日
他者を愛するように犬を愛しましょう。そして、犬をありのままでいさせてあげましょう。

多くの人が犬を人間のように扱っているかもしれませんが、犬は犬です。私たちは皆、ペットを愛し、心の中、そして家の中にペットのための特別な場所を与えます。しかし、度が過ぎると、犬は「犬らしいこと」を忘れ、倦怠を感じてしまいます。

犬らしいことは犬の生活を面白く、幸せにしてくれるものです。犬らしいことができないと、犬にとって危険なことに繋がってしまうのです。

倦怠を防ぐために犬がすべきことは?

退屈を防ぐために犬がするべきことは?

 

犬は、彼らが持つ本能的なことをすべきです。その例として以下のようなことが挙げられます。

  • 走る。走ることは不安やストレスを解消し、アドレナリンを上昇させます。大きくても、小さくても犬は走るべきです。ベビーカーに犬を乗せて歩きまわるのは可愛いですが、犬から歩く権利を奪っているということも忘れないようにしましょう。
  • 掘る。犬の飼い主にとって、穴を堀る癖は厄介なことでしょう。犬が堀った後はお風呂にいれてあげなければいけないので、面倒だと感じるかもしれません。しかし、これは本能的なことなのです。これを禁止することは、犬の性格を取り除いていることになります。
  • 転げ回る。あなたと遊んだり走ったあとに、犬が床で転げ回っているのを見たことありませんか?実はこの瞬間、犬は幸せを感じているのです。また、これは犬本来の行動なので、好きなように転げ回らせてあげましょう。
  • 他の犬の匂いを嗅ぐ。犬が他の犬の匂いを嗅ぐのを好ましく思わない人もいるでしょう。しかし、実はこれは犬のボディランゲージの一つで、他の犬との関係に直接影響することです。
  • 性行為をする。雄犬にとって雌犬を追いかけ回すことは普通なことです。私たち人間と同じくらい性欲をもっています。雌犬が暑さの中では性行為をしたくなることも普通なのです。子犬は一生欲しくないということもわかりますが、去勢をする前に最低でも一度は性行為をさせてあげるべきです。

このような犬らしい行動は犬の倦怠を防ぐことができます。全ての犬が行う一般的なこと行動で、犬として継続すべきことなのです。倦怠は脅威であるということを忘れないようにしましょう。

倦怠がどのようにして犬を殺すことになるのか

倦怠がどうやって犬を殺すことに繋がるのでしょう?これは肉体的な死のことを言っているのではなく、精神的な死です。犬は犬であることをやめてしまうのです。もちろん、犬の世話をしっかりとしないと肉体的な死にも繋がります。倦怠はペットの健康的な問題を引き起こす厄介な症状なのです。

倦怠

 

  • 悲しみ。他の犬との接触を防ぐと、他の犬と一緒にいる機会を奪っていることになります。私たちに友達が必要なように、犬にも友達が必要です。現実的になってみてください。犬はあなたのことを愛しています。しかし、あなただけでは犬の人生は物足りないのです。他の犬と戯れさせましょう。でないと、犬は深く悲しんでしまうのです。
  • うつ。もし犬がしたいことができないと、うつになる可能性があります。横になるか、一日中寝るか以外なにもしたがらないかもしれません。もしあなたがうつになると、同じようにただ寝ていたいと思うはずです。もし犬が食べたり飲んだりすることをやめてしまったら死んでしまう可能性があるので、うつの予防を忘れないでください。
  • ストレスと不安。叱られると犬はストレスがたまり、不安になります。これはあなたと犬の両者にとって生活をしていくことが難しくなる行動の問題を引き起こします。

他者を愛するように犬を愛しましょう。そして、犬をありのままでいさせてあげましょう。倦怠を感じさせず、犬との幸せな生活を送ってみてください。