犬を元気づける6つの方法とは?

· 2018年12月9日
退屈している時や、日々の生活に大きな変化が訪れた時など、犬が落胆して元気がなくなることがあります。

犬の元気がなくなったり、落胆するのには、様々な原因が考えられます。

  • 退屈
  • 新しい家に引っ越した
  • 家族の誰かがいなくなった

などがその主な理由ですが、これを解決する方法もあるのです。本記事でご紹介するアドバイスを参考に、愛犬を元気づけてあげてくださいね。

1.毎日の生活をサポートして元気づける

犬が新しい生活や環境に直面し、状況や環境を十分に理解できていない場合、犬が落ち込んだり悲しい気持ちになることがよくあります。

  • 新しい家に引っ越した時
  • 一緒に育ってきた他の犬がいなくなった
  • 新しい犬が家にやってきた
  • 新しい里親にもらわれた

など、気持ちが圧倒されてしまうように感じる状況に置かれている時、犬の元気がなくなりがちです。

犬は毎日同じ行動をするのを好みます。

例えば、食事の時間、外出の時間、そして眠る時間など、毎日同じ行動をルーティーンとして長期間続けることで快適さを感じます。

そのため、新しい環境に慣れるまでは、飼い主がそのサポートをすることが大切です。

数日が経過すると、犬が徐々に環境や状況に適応し始めます。

こちらもご参考に:我が家に赤ちゃんがやってくる!愛犬のケアとトレーニング

2.叱ったり罰したりしない

犬を叱ったり罰したりすると、もちろん犬は不快な気持ちや悲しい気持ちを抱きますが、それに加えて、叱った飼い主の心にも悪影響を与えます。

  • 犬をしつける時は、何か良いことをした時や成功した時に褒める方が、犬はより早く学びます。そしてこれは叱ったり罰したりするよりも、人間の精神状態にとって健全な良い方法です。
  • また犬が何か悪い行動を起こさないように、事前に飼い主が防ぐことが大切です。例えば、飼い主の留守中にいつもゴミ箱を荒らす犬の場合は、ゴミ箱を荒らす犬を叱るのではなく、ゴミ箱を移動させたり、ゴミ箱のある部屋には入れなくするなど、未然に防ぐことが最も良いでしょう。
  • 犬に対して必要以上の命令をしてはいけません。
  • 犬は飼い主に服従しますが、その命令が過剰だと犬のストレスが蓄積されます。つまり、犬への命令が少ないと、犬のストレスが軽減し、必要なし時に的確に従うことができます。
フレンチブルドッグ

  • 犬が悪い行動をした際には、危険ではない場合は、一旦無視をし、良い行動をした時にしっかりと褒めるように心がけてください。
  • 散歩の時に、引っ張らない、ソファーに登らない、誰か訪問者がやってきた時に吠えたり飛びついたりしなかった時には、ご褒美をあげることで、犬にとっていい意味での刺激的なしつけになります。

ご存知ですか?:留守中に愛犬が悪さするのを防ぐ3つのアドバイス

3.犬が探検できる新しい場所に行く

犬にとって、毎日決まった行動をすることは非常に大切ですが、犬にとって嬉しい「サプライズ」を時々用意するのも、犬をやる気にさせたり、元気を回復させる良い方法です。

新しいドッグパークや、山でのハイキングなど、犬の喜ぶ場所を訪れることをお勧めします。

犬を新しい場所に連れて行く時や、新しいことをする場合は、必ず犬が喜んでいるかどうかを確認し、新しい場所や行動が犬にとってのストレスになっていないかを見極めましょう。

人が多い場所や騒々しい場所などは、犬が喜ぶ場所ではありません。

騒音の少ない、犬が様々なニオイを嗅ぐ楽しみのある場所に行くと、犬が喜び、そしてリラックスすることができます。

4.他の犬と遊ぶ機会を作る

ドッグパークや近所に、犬の「仲良しの友達」がいる場合は、一緒に遊ぶ機会を作りましょう。

犬同士は、私たちが考えている以上にお互いを理解し合い、すでに仲良く遊んだことがある場合は、お互いが必要とするものや行動をわかり合っています。

自分の犬だけでなく、もう一匹の犬や他の犬に主導権を取らせるなど、犬同士がコミュニケーションを取る状況を作り、遊ばせることが大切です。

5.新しいことを教える

犬は飼い主を満足させることに喜びを感じます。つまり飼い主の指示にうまく従えて、飼い主が満足している姿を見るのが好きです。

そのため、新しいコマンドやゲームなどを喜んで覚えようとする犬が多くいます。

新しいコマンドを教え、それに従うことができたらご褒美を与えましょう。そうすることで、犬のやる気が刺激されて犬は幸せな気持ちになります。

犬の鼻 元気づける方法

ただし、飼い主からの命令を習得するのに慣れていない犬の場合は、簡単な指示から始めましょう。

「座る」「立つ」などの基本的で簡単な指示から始め、これらを習得した後は、「お手」や「取ってこい」などの複雑なものを教えましょう。

6.ご褒美を与える

人間にとっては当然のように感じる犬の行動でも、犬が頑張って覚えて指示に従っていることがあります。

犬が飼い主の指示に従えた時は、小さなご褒美でもいいので、必ず与えて、褒めていることを伝えてください。

ご褒美は犬のやる気を刺激し、元気付ける原動力の一つです。

ただし、ご褒美は食べ物だけに限らず、頭を撫でたり言葉で褒めるのも効果的です。

またご褒美は、健康的な食べ物にしてください。

市販のおやつの中には、大量に与えると犬の健康に良くないものもあります。

また犬が落ち込んでいる時や、悲しんでいる時に、今回ご紹介した方法やご褒美やおやつを与えても喜ばない場合、そして犬の落ち込みが改善されない場合は、必ず獣医師に相談し、必要に応じて診察を受けましょう。

何か健康上の問題が隠れている可能性があります。