犬が泥や土に体を擦りつける理由

· 2018年8月13日

犬は外へ出ると、公園でも庭でも身体を地面に擦りつけて、泥まみれになって転げ回るのが大好きです。犬はどうしてそのような行動するのでしょうか?なぜ泥や土が好きなのでしょうか?今回はそんな質問に答え、この行動を防ぐためのアドバイスをいくつか紹介したいと思います。

犬が泥に体を擦り付けるのが好きな理由

泥や土の中を転がる行為は言うまでもなく人間と喜びを分かち合えない行動です。おそらくほとんどの飼い主は、なぜ犬が泥の中を転げ回るのが好きなのか、その理由を考えもせずに、ただこの行為をよく思っていないでしょう。なぜなら泥まみれになった後は、犬を綺麗にするためにお風呂に入れなくてはなりません。これは飼い主にとってやっかいな仕事です。しかし、泥まみれになったからといって犬を罰する事は、犬の野生の本能を奪ってしまうようなものです。

庭を歩き回る犬

1.狩りの本能

ご存知のように、犬は野生の狼である先祖からいくつかの特徴や行動を受け継いでいます。犬は獲物を狩るときに、狼のように自分を獲物から隠し目立たなくさせる必要があります。つまり、犬が泥まみれになる理由の一つとして、カモフラージュするために自分自身の匂いを消すことが挙げられます。犬は、泥や汚れた物質、あるいは死んだ動物でさえも体に擦りつけることがあります。

2.縄張り的性質

犬が獲物の周りで転がっているときは、その背中や足に独特の匂いをつけています。これはあなたの犬が他の犬より先に獲物を見つけて嬉しく思いマーキングしているのです。こうすることで他の犬が獲物を見つけたとき、それが誰のものかわかるようにしています。

犬は体に何百もの匂いを発する分泌腺があり、容易に自分の匂いをつけることができます。また、犬が見つけたものについて他の犬たちと情報のやり取りをする方法でもあります。

3.犬のユニークな匂いをキープする

人間は香りのついた石鹸で(たとえその製品が動物に適してるとしても)犬を洗うことで、犬の本来の習性から犬を遠ざけてしまっています。人間にとっての「汚い」や「気持ち悪い」等の匂いは実際には犬のユニークな「ID」なのです。

犬と暮らしを共にする人間にとっては不快かもしれませんが、犬は匂いを使って他の犬とコミニケーションを取ります。泡風呂やベビーパウダーを犬が好んでいると思ったらそれは間違いです。馬の糞を擦りつけていた方が、お風呂に入り個性的な香りを消してしまうよりも好きかもしれません。

4.匂いと感覚を楽しむ

人間には理解しがたいですが、犬は汚れたものや、死んだ動物、ゴミに体を擦りつけるのが大好きです。犬の嗅覚は人間のそれとは同じではありません。実際は人の嗅覚より遥かに優れています。犬にとっては牛の糞のほうが良い香りのする香水よりも好ましく感じているかもしれません。

5.情報を伝える

これも犬の最も近い親戚である野生の狼から継承されている本能です。ある調査によると、狼は獲物を見つけた時、まず獲物の匂いをかぎ、その匂いで身を包むために擦りつけます。そうすることで匂いを群れの狼たちに伝え、餌を食べるかどうか決める習性があります。

6.優位性を示す

この場合の目的は、興味深い何かを見つけて、それを群れに報告することで褒美をもらうことです。しかし、かわいそうな犬は飼い主に叱られてしまうでしょう。人間にとって、犬が泥や獲物を擦りつけた匂いは非常に耐えがたいものだからです。

犬が泥まみれになったり、汚れたりしないためにできること

汚れた犬

まず、犬がその行動するのは、純粋に本能的であることを理解してください。そして、犬を叱ったり罰したりしてはいけません。あなたができる事はこの行動を促すのを避けることです。

例えば、犬を散歩に連れて行き、公園で愛犬が何か汚い物を擦り付けているのを見たらしっかり力強く「NO」と言ってそこから立ち退かせてください。初めのうちは、命令を理解できないかもしれません。ですから、辛抱強くゆっくり時間をかけて教えてあげてください。

庭でも同じように転がり泥まみれになるのであれば、犬の糞をこまめに拾ったり、ゴミや動物の死体、何か犬を惹きつけるものがないか常に注意してください。そうすれば、事態は思ったより簡単に防げるでしょう。