痛っ!愛犬が飼い主を噛む理由

· 2018年6月27日

愛犬が突然カッとなり噛みついてきたらどうしよう!と心配する飼い主は少ないと思います。犬が他の犬や人に怒っているところは見たことがあると思います。しかし、まさか自分の犬に噛まれるとは想像しません。もし愛犬に噛まれたことがあったとしても心配することはありません。大したことではないのです。

今回の記事ではこの問題の考えられる原因とその対策をお伝えします。しかし、解決策があったとしてもこの行動を見過ごしてはいけません。素早く行動し、この状況を解決する必要があります。

なぜ愛犬に噛まれる?

犬と女性

犬と人間は長い間一緒に生活をしてきました。犬は人間社会に適応しているので攻撃的ではありません。愛犬に噛まれそうになったとしてもそれは犬の本能ではないのです。そして、対策はあります。

犬は人間社会によく慣れ親しんでいますが、祖先から受け継がれた本能やしつけは犬の性格に深く刻まれているため、変えるのは難しいのです。しかし、変えられる行動もあります。

オオカミが犬の祖先ということはよく知られています。オオカミは野生ですが、犬とオオカミは似ているところがたくさんあります。例えば、本来犬は屋外で群れで生活するため、小さなアパートに住むことは不自然で慣れるのは大変なのです。飼い始めた頃からしつけの土台作りをしておかないと、そのうち問題行動が見られるようになるでしょう。

この「土台作り」は愛情を育み、忍耐や大切な社会性を築くのに必要なものです。

居場所

犬は、自分の居場所は群れだと思っていることを覚えていてください。犬が人間によって飼いならされる前は、犬はオオカミのように群れで生活し、その群れにはリーダーがいました。犬はリーダーにはすぐに服従しますが、そのリーダーが相応しい行動をとらないと自分がボスになろうと喧嘩が始まります。

このことから、家で犬を飼うときは飼い主のあなたがボスになる必要があります。ボスに相応しくないと犬に思われれば、犬は今度は自分がボスになろうとします。そして、これは噛むことを含む喧嘩を意味するのです。

犬にどのように「ダメなボス」という印象を与えてしまっているのでしょうか?もしかすると、犬に甘くしすぎているのかもしれません。何をしても許されると犬に思われてしまうと、確実に犬になめられます。そして、犬がボスになってしまうのです。

愛犬に噛まれそうになったら

犬を叱る

お伝えした通り、犬に噛まれるというのはボスとしての権威が足りないからです。これを防ぐためにはルールを設ける必要があります。

犬は、あなたが家のボスであり、あなたの命令には従わなくてはいけないと理解しなくてはいけないのです。また、他の家族が外出、食事、遊び、行動なのどのルールについて知っておくことも大切です。例えば、犬が座ることが許されている場所、入ってもいい部屋など、あなたのライフスタイルに必要な犬のルールを作りましょう。

一方で、成犬になっても攻撃的な場合は社会性が身に付いていないことが考えられます。子犬のときから他の犬と遊んだりしてきたはずですが、成犬になっても社会性は見に付けられるます。こちらのブログには社会性を身に付ける上で役立つヒントが書かれています。同時に、獣医、ドッグトレーナーや動物の心理士にも相談してみてください。

犬の行動に関してはあまり寛大になってはいけません。この問題行動を繰り返さないためにも、最初にあなたを噛もうとした時から対策が必要なのです。